県立逗子高等学校の学校情報

「自主・責任・努力」を校訓とし、学力向上に力を入れている

学校所在地
神奈川県逗子市池子4−1025
最寄り駅
京浜急行線神武寺駅 徒歩10分、JR横須賀線逗子駅 バス
電話番号
046−871−3218
関連カテゴリ
逗子市 / 横須賀線 / 京浜急行線 / ★★★(偏差値50から60程度まで) / 高校名「さ」行 / 共学 / 県立 / 普通科

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

三学期制 将来専門分野で十分力を発揮することができるよう、基礎学力の定着を教育課程の基本方針とする。

1年次では、共通の科目を受講し、2年次には一部の科目で選択制を導入。 3年次では、各生徒の進路や適性に応じて、6単位分の自由選択科目をはじめ、多様な選択科目の中から選択する。

基礎学力の定着と応用力を身につけることを目的とし、1・2年の数学で少人数制による習熟度別学習を、また、1〜3年の英語の授業で少人数制授業を展開している。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

学習支援室(ラスカルRASQAL)を設置し、生徒の将来を考えた学習指導をきめ細かく行っている。

総合学習を中心にキャリア教育を実施。

勉強法ガイダンス(1年)やスタディーサポート分析会(1・2年)、大学等出張講義(2年)、志望理由書講演会(3年)などの生徒対象の進路ガイダンスに加え、保護者対象のガイダンスも年3回土曜日に行われている(模擬試験の活用法、上級学校に向けての賢いマネープランなど)。

★卒業生の進路状況(平成30年3月)
<卒業生273名>
大学145名、短大24名、専門学校71名、就職5名、その他28名

★卒業生の主な合格実績
横浜国立大、神奈川県立保健福祉大、広島大、亜細亜大、学習院大、神奈川大、國學院大、駒澤大、成蹊大、成城大、専修大、玉川大、中央大、東海大、東洋大、日本大、日本女子大、文教大、法政大、明治大、明治学院大、早稲田大

♣指定校推薦枠のある大学・短大など♣
國學院大、成城大、専修大、中央大、東京理科大、日本大、法政大、明治大、明治学院大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

約7割が参加。

最近の主な実績は以下のとおり。
<平成30年度>
陸上競技部がインターハイ(男子400mH、女子5000mW)・関東選手権(女子5000mW)・全国選抜(男子300mH)・国体(男子400mH)・U20(男子400mH)に出場した。サッカー部が全国高校サッカー選手権県予選会2次予選に進出した。
<平成29年度>
陸上競技部が関東大会(4種目)・インターハイ(女子5000mW)・関東選手権(3種目)・国体(女子5000mW)・関東選抜大会(女子5000mW)・日本ユース(男子400mH)に出場した。吹奏楽部は県吹奏楽コンクールでAの部銀賞を受賞した。

★設置部(※は同好会)
剣道、柔道、空手道、サッカー、体操競技、卓球、バレーボール、バスケットボール、陸上競技、野球、水泳、バドミントン、硬式テニス、ソフトテニス、美術、演劇、フォークソング、吹奏楽、茶道、華道、合唱、Z-Selec(社会福祉)、理科、写真、※文芸、※茶道、※華道

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

合唱コンクールは40年以上の伝統を誇る行事で、鎌倉芸術館にて全クラス参加し優勝をめざす。

4月 校外学習
6月 スポーツフェスタ、合唱コンクール
9月 グリーン祭(文化祭)
10月 球技大会
11月 芸術鑑賞会
1月 修学旅行(2年・沖縄)
3月 球技大会

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★学校説明会 8・11・12月各1回
★学校へ行こう週間 10月
★グリーン祭 9月 見学可
★学校見学は随時可(要連絡)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

恵まれた自然環境のなかにあり、平成30年に創立96年目を迎える歴史と伝統を誇る学校で、多くの卒業生が国内外で活躍している。

自主・責任・努力を校訓とし、学力向上に力を入れている。

吹奏楽部やZ-Selecを中心に、地域主催の行事等へ積極的に参加している。 平成26年度には、吹奏楽部がこれまでの募金活動を評価されて青少年フィランソロピスト文部科学大臣賞」を受賞した。

自然科学分野の高度な授業や実習を行っている。

2023年度より逗葉高校と合併し、新たなスタートをきる予定。

「神奈川県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の県立逗子高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

県立逗子高等学校公式サイトはこちら