聖園女学院高等学校の学校情報

この学校は、高校募集を行っておりません

個性を大事に育てる豊かな自然に囲まれたカトリック系の女学院

学校所在地
神奈川県藤沢市みその台1-4
最寄り駅
小田急江ノ島線藤沢本町駅 徒歩10分 善行駅 徒歩15分
電話番号
0466-81-3333
生徒数
335名 女子335名
特色
-施設が充実 -情操教育重視 -国際人を養成
関連カテゴリ
藤沢市 / 小田急江ノ島線 / ★★(偏差値50程度まで) / 高校名「ま」行 / 女子校 / 私立 / 普通科

環境 - 学校周辺の環境や校内外の施設

静かな森に囲まれ さわやかな学校生活

繁華街の喧騒とはかけ離れた、湘南の中心地、藤沢の静かな丘にキャンパスがあり、西には富士山や丹沢山、南には湘南の海に浮かぶ江ノ島を望むことができる。8万3千㎡の広大な校地は「鳥獣保護区」に指定され、四季を通じて様々な草花が咲き、かわいい野鳥の声が響き渡る最高の環境である。

赤レンガ風の校舎には4万6千冊の蔵書を誇る図書館などがある。マリアホールには、体育館、パソコン教室、ラウンジなど充実した文化・体育施設が備わっている。さらに2015年11月には新たに美しいチャベルが完成した。

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

中高一貫を最大限に活用した教育

中高一貫教育により、6年間を見通した系統的かつ一人ひとりのニーズに応えるカリキュラムが組まれている。国際的な視野を広げ豊かな人間形成を目指して、中学3年生でのニュージーランド中期留学や高校1年生でのカナダ海外研修旅行など国際教育にも力を入れている。

また、キリスト教を基盤とした、一人ひとりを大切にする教育が、宗教の授業やミサなどの宗教行事をはじめ、各学年に応じた校内外の様々な研修を通して行われている。

中学では才能の土台づくりとして、国際交流の基盤である英語、豊かな表現の源である国語、科学的思考の礎となる数学に時間をかけている。高校では1年次に世史・日史・物理・化学・生物を必修にして教養を広げ、2年次以降は、生徒たちが自らの進路に応じて、選択科目を組み合わせていく。

長期休業中は100以上の講座から、生徒自身で時間割を組み、自習や講習で理解を深めていく。その成果は、定期試験や模試、検定などに現れている。これらは、今後実施される基礎学力テストや学力評価テストにもつながる取り組みで、進学面でも重要である。現在は教科横断型の取り組みや、企業や大学と協力した総合型の取り組みで、次世代に必要な思考・判断・表現の力を学校全体で引き出している。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

難関大学進学 特に理系・医療系が増加!!

カリキュラム・授業・補習・講習・自習などの拡充により、国公立・早慶上智に121名、東理GMARCHに218名がこの7年間で合格している。

2018年3月卒業生の主な進学先は、早稲田、上智、明治、青山学院、立教、中央、法政、学習院、東京女子、日本女子など。近年は、海外の大学進学も増え、後輩たちが後に続いている。

私立中学・高校受験ガイド「THE私立」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の聖園女学院高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

聖園女学院高等学校公式サイトはこちら