横浜市立みなと総合高等学校の学校情報

カナダ、上海に交流校があり、豊富な国際交流プログラムを設定

学校所在地
神奈川県横浜市中区山下町231
最寄り駅
JR根岸線石川町駅 徒歩4分、みなとみらい線日本大通り駅 徒歩7分、JR根岸線関内駅 徒歩10分、横浜市営地下鉄関内駅 徒歩11分
電話番号
045−662−3710
特色
-駅から近い
関連カテゴリ
横浜市中区 / 根岸線 / 横浜市営地下鉄 / みなとみらい線 / ★★★(偏差値50から60程度まで) / 高校名「ま」行 / 共学 / 総合学科 / 市立

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

二学期制

1年次には必履修科目や原則履修科目が主だが、2〜3年次には選択科目が主で、生徒は進学・就職の受験向けの自由選択科目文化・生活〉〈科学・社会〉〈国際〉〈情報〉〈ビジネスマネジメント〉の5系列の専門(職業)科目や特色ある普通科目から進学や就職の目的に合わせて自由に選ぶことによって、普通科高校以上の「プラスαの学び」の実現を目指す。

国際理解教育を重視しており、海外研修(カナダ、上海)や地域における国際交流などを実施。 また、ネイティブのAssistant English Teacherが常駐し、英会話・オーラルコミュニケーション・英作文などの指導を行う。

キャリア教育を推進しており、「産業社会と人間」「総合的な学習の時間」を中心に全生徒へ実施。 社会体験活動にも力を入れている。

簿記・情報処理・手話・ワープロ実務・ITパスポート、TOEICなど資格の取得をめざす授業が数多く選択できる。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

大学入試模試と就職模試、公務員模試を年に数回行う。 土曜補習も実施。

★卒業生の進路状況(平成30年3月)
<卒業生223名>
大学125名、短大10名、専門学校48名、就職3名、その他37名

★卒業生の主な進学先
横浜国立大、茨城大、横浜市立大、神奈川県立保健福祉大、國學院大、国士館大、駒澤大、上智大、専修大、中央大、東京電機大、東洋大、法政大、武蔵大、明治大、明治学院大、早稲田大

♣指定校推薦枠のある大学・短大など♣
神奈川大、國學院大、駒澤大、東京家政大、東京電機大、東京都市大、日本大、明治学院大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

約8割が参加。

企画部では地元企業との商品企画や横浜の観光ツアーなどを行っている。

最近の主な実績は以下のとおり。
<平成29年度>
ボクシング部がバンタム級でインターハイ出場などの成績を残した。
<平成28年度>
ボクシング部がインターハイのフライ級で準優勝、ミドル級でベスト16という成績を残した。

★設置部(※は同好会)
バスケットボール(男女)、バドミントン、水泳、テニス、ソフトテニス、チアダンス、ダンス、合気道、フットサル(男女)、ボクシング、バレーボール(男女)、吹奏楽、軽音楽、書道、イラスト、茶道、演劇、写真、美術、放送、料理研究、文芸、ファッション、企画、隣語、地球科学、JRC、百人一首

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

4月 新入生歓迎会
6月 体育祭
9月 みなと総祭(文化祭)、修学旅行
11月 修学旅行
2月 カナダ国際交流プログラム、卒業生を送る会
3月 スプリングフェスティバル

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★学校見学会  8月2回、11月1回
★学校説明会 12月2回
★みなと総祭 9月 見学可
★学校見学は随時可(要連絡)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

全館冷暖房完備。パソコン室には各種のパソコンを約250台設置。

カナダ、上海に交流校があり、豊富な国際交流プログラムを設定。

平成21年度の第1回高校生観光プランニングコンテスト観光甲子園」において、本校生徒のプランが観光庁長官賞(準優勝)を受賞した。

平成29年度より在県外国人等特別募集を実施。 科目「日本語」により学校生活への対応を図っている。

「神奈川県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の横浜市立みなと総合高等学校情報