平塚学園高等学校の学校情報

進学率も年々上昇 ユニークな行事で社会人としての基礎を築く

学校所在地
神奈川県平塚市高浜台31-19
最寄り駅
東海道本線平塚駅 徒歩15分
電話番号
0463-22-0137
生徒数
1620名
特色
-進学に有利 -施設が充実 -スポーツが強い -クラブが活発
関連カテゴリ
平塚市 / 東海道本線 / ★★★(偏差値50から60程度まで) / 高校名「は」行 / 共学 / 私立 / 普通科

環境 - 学校周辺の環境や校内外の施設

OA教室等も備えた多目的ホール棟

湘南海岸公園に隣接した閑静な住宅地に位置する。周囲には小・中・高もあり、文教地区として大変恵まれた環境にある。

4階建の教室棟のほか3階建の新館にはコンピュータ室と購買部、充実した音響設備と300インチの大型スクリーンをもつ視聴覚教室がある。また、隣接する管理棟には天文台をはじめ茶室、作法室もある。

さらに大磯には湘南研修センターがあり、野球場のほか、400mトラックと天然芝のサッカー場、テニスコートが完備されている。特に野球場は公式戦でも使用されている。

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

特別進学コースや進学・文理コースを設置

特別進学・進学・文理コースがあり、進路や適性に応じた学習を行っている。コースを決めて受験はするが、入学前に行われるクラス分けテストを参考に一部コース変更がある。また、2年進級時にも本人の成績と希望によりコース変更は可能である。また2年次になると各コースとも文系、理系に分かれ目標の大学へ向かって学習体制が移行する。

特別進学コース(各学年2クラス)の目標は国公立・難関私立大学合格である。1年次カリキュラムは各コースとも同一であるが国、数、英の3教科については補習が組まれ、完璧なスタートダッシュ体制。2年次になると受験科目に特化した授業、補習になる。補習授業は1年次より早朝と放課後に行われ、よりきめ細かい指導ができるよう、授業と同一の教師が3年間担当する。

進学コース(各学年4クラス)は、難関私大の合格を目標にしている。4クラスのうち2クラスは特進クラスと同様に補習がある。

文理コースは中堅大学合格を目標に年々大学進学希望が増加。指定校推薦やAO入試によって多くの合格者を出すようになった。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

進学実績が上昇中 特進コースに期待

2018年3月卒業生の進路は、4年制大学77%、短大5%、専門学校8%、その他10%となっている。

大学への合格実績は毎年上がっており、現役での国公立大学の合格は東京工業大(2)、首都大学東京(2)、横浜市立大(2)、神奈川県立保健福祉大(2)、北大、東京外語大、横浜国立大、防衛大学校など合計22名。私立大は中央大(32)、明治大(26)、青山学院大(25)、法政大(24)、上智大(17)、立教大(16)、早稲田大(14)、東京理科大(9)、慶應義塾大(4)他1034名の合格者を出している。

私立中学・高校受験ガイド「THE私立」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の平塚学園高等学校情報

入試情報(2019年度)

試験日 1/22(推薦)、2/10(一般)、3/4(2次)
試験科目 面接(推薦・2次)、国・数・英+面接(一般)
募集人員 特別進学:35/35、進学:70/70、文理:145/145
受験者数 特別進学:13/178、進学:36/568、文理:124/774
合格者数 特別進学:13/178、進学:36/568、文理:124/774
競争率 特別進学:1.0/1.0、進学:1.0/1.0、文理:1.0/1.0

※人数はすべて推薦/一般 ※2次の募集は、特別進学コースのみ若干名

アクセスマップ

公式サイト

平塚学園高等学校公式サイトはこちら