慶應義塾湘南藤沢高等部の学校情報

異文化交流と情報教育を重視 個性を伸ばす新しい教育を目指す共学の中高一貫

学校所在地
神奈川県藤沢市遠藤5466
最寄り駅
小田急江ノ島線、相模鉄道いずみ野線、 横浜市営地下鉄湘南台駅 バス15分 東海道本線辻堂駅 バス25分
電話番号
0466-49-3585・3586
生徒数
729名
特色
-自由な校風 -併設校あり -情操教育重視 -国際人を養成
関連カテゴリ
藤沢市 / 東海道本線 / 横浜市営地下鉄 / 小田急江ノ島線 / 相鉄いずみ野線 / ★★★★(偏差値60から70程度まで) / 高校名「か」行 / 共学 / 私立 / 普通科

環境 - 学校周辺の環境や校内外の施設

情報教育の最新設備が充実

中・高等部とも、大学の総合政策学部・環境情報学部・看護医療学部と同じキャンパスにあり、大学からの知的刺激を受けられる絶好の環境だ。校内にLANを形成し、約250台のパソコンを設置、インターネット接続も可能となっており、設備も充実している。2018年に新校舎及び新体育館が竣工。

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

個性を尊重した基本重視の教育

生徒一人ひとりを大切にして、個性を尊重しながら、知育・徳育・体育のすべてにわたって基本を重視し、基礎を確実に身につける中高一貫教育を実践している。高等部では、帰国生入試(約30名)と全国枠入試(約20名、首都圏以外の地域に在住する者が対象)のみで、一般入試は行っていない。

語学教育では、日本文化を日本語で正しく表現し、英語を媒介にして異文化との意思の疎通ができるコミュニケーション能力を備えた生徒の育成を目標とする。

国語教育では、視聴覚機器やコンピュータを授業に取り入れるなど、情報リテラシー(コンピュータによる読み・書き・計算)を身につける教育にも力を注いでいる。6年間を通じて書く力と話す力を着実に培うことを目標にしている。

英語教育では、LLを活用した授業や、少人数制のネイティブスピーカーの授業などによる効果的な学習が展開されている。6年生(高3)より第二外国語としてドイツ語・フランス語・スペイン語・中国語・朝鮮語から1つを選んで受講する。

他に文系(I類)・理系(II類)の科目を選択する。I類選択者のみ「論文実習」がある。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

有利な推薦入学制度

中等部の卒業生は、推薦により湘南藤沢高等部に、高等部の卒業生は、推薦により慶應義塾大学の各学部に進学することができる。

私立中学・高校受験ガイド「THE私立」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の慶應義塾湘南藤沢高等部情報

アクセスマップ

公式サイト

慶應義塾湘南藤沢高等部公式サイトはこちら