桐光学園高等学校の学校情報

きめ細かな学習指導で着実に実績を伸ばす進学校 海外体験で国際感覚を養成

学校所在地
神奈川県川崎市麻生区栗木3-12-1
最寄り駅
小田急多摩線栗平駅 徒歩12分
電話番号
044-987-0519
生徒数
2949名
特色
-進学に有利 -施設が充実 -クラブが活発 -国際人を養成
関連カテゴリ
川崎市麻生区 / 小田急多摩線 / ★★★★(偏差値60から70程度まで) / 高校名「た」行 / 男子校 / 女子校 / 私立 / 普通科

環境 - 学校周辺の環境や校内外の施設

広大なキャンパス 充実の施設

約80,255㎡の敷地の周囲は自然が豊かで、駅から学校までの道も緑に囲まれている。小鳥の声を聞きながらの授業も、ここでは日常の光景である。

男子部・女子部それぞれが専用の体育館を持ち、屋外には、第1グラウンド、テニスコート7面のある第2グラウンドをはじめ、2面のテニスコート、25mプール、ハンドボールコート、野球場、クラブハウス、また、アリーナ、図書館、食堂、柔道場、剣道場を合わせ持った複合施設もある。さらに、プールとグラウンドを新しく建設中。

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

中高一貫教育と補習で受験に備える

中高一貫教育2期制・週6日制で月〜金までは6時限授業で、土曜日は3時限まで授業、4時限目はユニーク講習、大学訪問授業を実施。また、中学3年になる段階で特進クラスを設置し、ハイレベルな授業を展開。英語では外国人講師による英会話授業も実施している。

高校では1年次にAコースとSAコース(特進クラス)を設置し、2年次より各自の進学目標に応じて、国公立文系(文Ⅰ)、私立文系(文Ⅱ)、国公立理系(理Ⅰ)、私立理系(理Ⅱ)の4コースに分かれる。

文Ⅰ、理Ⅰコースには、最難関国公立を目指す「選抜クラス」としてαクラスを設置し、生徒一人ひとりの学力を可能な限り伸ばすことに主眼を置き、少数精鋭のハイレベルな授業を行う。また、1年より「進学ガイダンス」を実施し、職業選択や人生設計も含めた指導を展開している。

日々の補習授業をはじめ、夏期講習なども充実しており、一人ひとりに合わせた熱心な指導を行っている。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

難関大学進学者が確実に増加中

進学率はほぼ100%で、東大、京都大、東京工業大、横浜国立大、筑波大、難関大学進学者が、毎年確実に増えている。早稲田大、慶應義塾大、東京理科大、明治大、青山学院大、中央大、立教大などの指定校推薦枠もある。

私立中学・高校受験ガイド「THE私立」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の桐光学園高等学校情報

入試情報(2019年度)

試験日 1/5(帰国生)、1/22(推薦)、2/10(第1回)、2/12(第2回)
試験科目 英+面接(帰国生)、作文+面接(推薦)、国・数・英+面接(一般)
募集人員 帰国生:若干/若干、推薦:40/若干、第1回:60/20、第2回:40/15
受験者数 帰国生:21/12、推薦:70/20、第1回:231/139、第2回:153/51
合格者数 帰国生:12/8、推薦:70/20、第1回:170/92、第2回:92/27
競争率 帰国生:1.8/1.5、推薦:1.0/1.0、第1回:1.4/1.5、第2回:1.7/1.9

※人数はすべて男子部/女子部(SAコースのみ)

アクセスマップ

公式サイト

桐光学園高等学校公式サイトはこちら