横浜富士見丘学園中等教育学校の学校情報

女性の生き方を支える新たな教育 6年後は全ての卒業生がEnglish Speaker

学校所在地
神奈川県横浜市旭区中沢1-24-1
最寄り駅
相鉄線二俣川駅 徒歩15分
電話番号
045-367-4380
生徒数
228名 女子228名
特色
-進学に有利 -施設が充実 -国際人を養成
関連カテゴリ
横浜市旭区 / 相鉄本線 / ★★★(偏差値50から60程度まで) / 高校名「や」行 / 女子校 / 私立 / 普通科

環境 - 学校周辺の環境や校内外の施設

木の香りが漂う赤レンガの校舎

校舎は、港横浜をイメージした赤レンガ造りの外観に木の温もりを感じる内装で、落ち着いた雰囲気の心安らぐ学習空間。図書館棟にはITラウンジや教員との交流ラウンジも併設。1000人収容の大講堂と、校舎から切り離された心静まる礼法室、バスケットボールコートが2面とれる広い体育館、人工芝で覆われた広大なグラウンドと、充実した教育施設を整えている。

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

グローバルな学力の育成−大学入試改革を踏まえて

週6日制、2学期制。高1までは、男女の特徴を生かしたクラス編成と、少人数クラスによりきめ細かい指導で学習効果を図る。特に学力間差が生じやすい英語・数学は十分な授業時間数を確保し、学習の深さに重点をおきながら無理のない先取り学習を行い、基礎学力の徹底と応用力・実践力を養成する。

英語・英会話、数学を中心に、高校のG&Sクラスや男子理数クラスは必修の7時間目特別講習、長期休暇中の講習や高校段階での部活動終了後の英語勉強講座を実施し、希望進路実現を後押し。全員がCEFRでB2レベル以上の取得を目指す。

生徒が主体的・協働的に学習するアクティブラーニングとプレゼンテーションを繰り返し行うことで、ジェネリック・スキルを育む。特に高1で実施する企業連携型探求学習のクエストエデュケーションでは、全国大会に3年連続出場。理数系教育の充実を図るために、東京理科大学との教育連携を進め、学習支援を充実させている。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

医療系・理系進学者が増加

主な進学先は、北海道大学、東京外国語大学、埼玉大学、早稲田大学、明治大学、青山学院大学、学習院大学、津田塾大学、日本女子大学、成蹊大学、北里大学、星薬科大学、東京薬科大学、昭和薬科大学、東京農業大学など。

 

私立中学・高校受験ガイド「THE私立」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の横浜富士見丘学園中等教育学校情報

入試情報(2019年度)

試験日 1/22(推薦)、2/10(一般)、2/11(オープン)
試験科目 作文+面接(推薦)、国·数·英(ST一般·オープン)、書類選考(GS一般)
募集人員 ST・G&S:85、理数特進:40
受験者数 ST:72、G&S:34、理数特進:24
合格者数 ST:61、G&S:45、理数特進:24
競争率 ST:1.9、G&S:-、理数特進:1.0

※オープンの募集は10名 ※ステップアップ合格含む

ギャラリー

  • 横浜富士見丘学園中等教育学校ギャラリー

  • 横浜富士見丘学園中等教育学校ギャラリー

アクセスマップ

公式サイト

横浜富士見丘学園中等教育学校公式サイトはこちら