横浜雙葉高等学校の学校情報

人に役立つ喜びを育む女子教育の歴史ある伝統校

学校所在地
神奈川県横浜市中区山手町88
最寄り駅
みなとみらい線元町・中華街駅 徒歩6分 根岸線・京浜東北線石川町駅 徒歩13分
電話番号
045-641-1004
生徒数
544名
特色
-進学に有利 -クラブが活発 -情操教育重視 -国際人を養成 -駅から近い
関連カテゴリ
横浜市中区 / 京浜東北線・根岸線 / 根岸線 / みなとみらい線 / ★★★★(偏差値60から70程度まで) / 高校名「や」行 / 女子校 / 私立 / 普通科

環境 - 学校周辺の環境や校内外の施設

異国情緒あふれ 緑豊かな環境

みなとみらい線の元町・中華街駅からは、エスカレーターを利用し丘の上まで上ることができる。
異国情緒あふれ緑豊かな外国人墓地に沿って、富士山を望みながら山手通りを進むと、程なく到着する。

正門の奥へテニスコートの脇を行くと西校舎の正面玄関がある。採光たっぷりの明るい校舎には、図書館、ITワークショップルームなどが入り、生徒たちのお気に入りの空間だ。

 

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

少人数クラスによる徹底した一貫教育

中学・高校6年間をトータルにとらえたカリキュラムを設定。中学1・2年では学力や人格形成の基礎となる豊かな土壌を育て、中学3年・高校1年は学問や社会の現実に多く触れることで自分の可能性への気づきを促す。そして高校2・3年で可能性を大きく伸ばしながら、より深く自己を研鑽・努力するよう導いている。

1クラス約45人の4クラス編成を実施。(中1は5クラス編成)。高校2年次からは進路別のゆるやかな選択制が導入され、目標や進路に沿った学習ができる。特に語学教育には力を入れており、中学では英語を少人数クラスで指導し、週6時間のうち1時間は外国人教師による英会話の授業である。中3から英語と数学で習熟度別授業が実施されている。

中学では、全学年で英語や数学で指名制の補習が行われるほか、中3からは希望制の発展的補習も始まる。高校では、補習はすべて希望制となり、細やかな対応をしている。中1から高2までの総合学習では、自然・人・世界との関わりについて学ぶ。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

進学率が高く 指定校推薦も多数

卒業後はほぼ全員が大学に進学する。伝統校らしく、多くの大学の推薦入学指定校にもなっている。有名私立大学への進学者が多く、国公立大学への志望者も増加傾向にある。理系への進学者は、例年、ほぼ40%で、医学科などの医療系のほか、工学系などへの進学者も増えている。

主な進学先は、国公立では、東大、京都大、東京工業大、一橋大、東京外語大、筑波大、お茶の水女子大、横浜市立大など、私立では、慶應義塾大、早稲田大、上智大、明治大、立教大、東京理科大、青山学院大など。

私立中学・高校受験ガイド「THE私立」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の横浜雙葉高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

横浜雙葉高等学校公式サイトはこちら