法政大学第二高等学校の学校情報

多くの研究・実習によって個性を伸ばし目的を持って大学へ進学

学校所在地
神奈川県川崎市中原区木月大町6-1
最寄り駅
東急東横線・目黒線武蔵小杉駅 徒歩10分 JR南武線・横須賀線武蔵小杉駅 徒歩15分
電話番号
044-711-4321
生徒数
1717名
特色
-自由な校風 -併設校あり -施設が充実 -クラブが活発
関連カテゴリ
川崎市中原区 / 横須賀線 / 南武線 / 東急東横線 / 東急目黒線 / ★★★★(偏差値60から70程度まで) / 高校名「は」行 / 共学 / 私立 / 普通科

環境 - 学校周辺の環境や校内外の施設

読書や調査研究のための施設が充実

広大な敷地に、ゆとりある空間を大切にした校舎が建つ。読書や調査研究に利用される学習室を兼ねた図書館、最新機器をそろえたPC教室、標本室などを完備。メインアリーナに加え、トレーニングセンターなどを備えた新体育館は、県下の学校の中でも屈指の施設。ほかにも野球場や陸上競技場など広々とした施設が広がっている。

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

付属校ならではの10年一貫教育

調査や研究を土台とした論文やレポートなど、中高一貫して個人のオリジナリティを大事にした授業が進められている。そのほか、視聴覚機器を利用した実験や実習も多く、付属校ならではの豊かな学習が展開されている。

中学では特に英語を重視しており、1クラス20人以下の外国人分割授業や夏休みのニュージーランド研修のほか、英検の受験にも取り組んでいる。

高校では週6日制34単位の新カリキュラム・新指導体制を確立。1・2年次は共通クラスで全生徒が全教科を等しく学び、将来必要な基礎教養を確実に身につける。3年次には進路希望に応じて文系クラス・理系クラスにクラス分けをし、多様化する進路要求にきめ細かく対応するカリキュラムとなっている。

共通教科によって基礎学力を向上させると共に、選択教科によって得意分野を深め、進路の具体化に結びつける。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

約8割が推薦で法政大学へ進学

中学からは、ほぼ全員が併設の第二高校へ進学している。高校の卒業生もほぼ全員が大学進学を希望し、約8割が法政大学に推薦で進学している。高1から高3までの学内成績と英語外部試験、3付属統一の「基礎的思考力確認テスト」で一定基準を満たしていれば法政大学への被推薦権が得られる。

私立中学・高校受験ガイド「THE私立」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の法政大学第二高等学校情報

入試情報(2019年度)

試験日 2/11(学科試験)
試験科目 国・数・英
募集人員 書類選考:180/90、学科試験:70/55
受験者数 書類選考:195/158、学科試験:531/296
合格者数 書類選考:195/158、学科試験:102/82
競争率 書類選考:1.0/1.0、学科試験:5.2/3.6

※既卒生と帰国生は面接あり ※ 人数はすべて男子/女子 ※書類選考の詳細および帰国生については、学校に直接お問い合わせ下さい

アクセスマップ

公式サイト

法政大学第二高等学校公式サイトはこちら