県立三浦臨海高等学校の学校情報

平成30年度より都市農業科(各年次40名、1学級規模程度)を併置

学校所在地
神奈川県三浦市初声町入江274−2
最寄り駅
京浜急行線三崎口駅 徒歩15分またはバス、JR横須賀線横須賀駅、逗子駅 バス
電話番号
046−889−1771
関連カテゴリ
三浦市 / 横須賀線 / 京浜急行線 / ★★(偏差値50程度まで) / 高校名「ま」行 / 共学 / 県立 / 普通科 / 農業科

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

二学期制

★普通科
1年次は芸術科目(音楽Ⅰ、美術Ⅰ、工芸Ⅰ、書道Ⅰ)を除いて全員が共通の科目を履修する。
2年次は最大8単位、3年次は最大19単位の自由選択科目が用意され、進路や興味・関心に応じた学習をすることができる。
自由選択科目は合計20単位以上履修する必要がある。 自由選択科目の授業は保育園での実習」(幼児教育実習)や「城のジオラマづくり」(郷土史)、「シーカヤック」(マリンアクティビティ)、「芥川龍之介・実地調査」(郷土文学)など、多彩・特徴的な内容となっている。

★都市農業科
都市農業に関する知識・技術を習得して、三浦半島の農業を支える人材や製造業・販売業などが関わりあう6次産業化に対応した人材を育てる。
インターンシップに関しては、地域と連携したデュアルシステムに取り組む(予定)。
専門教育に関する教科・科目を25単位以上修得する必要がある(予定)。 自然と農業」「畜産」「農業機械」「食品製造」「生物活用」「農業経営」「野菜」「果樹」「草花などの科目がある。
小型フォークリフト、小型車輌建設機械、アーク溶接、日本農業技術検定、初級バイオ技術者などの資格を取得することができる。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

★卒業生の進路状況(平成30年3月)
<卒業生225名>
大学25名、短大5名、専門学校77名、就職66名、その他52名

★卒業生の主な進学先
<普通科>
東京理科大、神奈川大、鎌倉女子大、関東学院大、多摩大、鶴見大
<都市農業科>
千葉大、麻布大、昭和音楽大、拓殖大、帝京科学大、東京農業大、南九州大

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

太鼓部・アンサンブル部・吹奏楽部・箏曲部は地域交流等に積極的に参加している。美術部・漫画部は地域貢献として看板制作を行い、声優部・演劇部は小学生対象に非行防止の紙芝居を上演している。

★設置部(※は同好会)
サッカー、バスケットボール、バレーボール、卓球、テニス、陸上競技、ソフトテニス、野球、バドミントン、剣道、ダンス、ワンダーフォーゲル、ラグビー、軟式野球、自転車競技、美術、写真、吹奏楽、華道、演劇、漫画、軽音楽、アンサンブル、総合音楽、ボランティア、太鼓、箏曲、茶道、囲碁将棋、文芸、声優、生活、畜産研究、環境、※天文

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

学校行事は普通科・都市農業科の生徒が合同で開催する。

スポーツフェスティバル、文化祭、研修旅行、マップラリーなどを実施する。

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★学校説明会・相談会(横須賀三浦地区公私合同)8月
★ミニ説明会・授業体験 8月
★全体説明会・部活体験・農業科体験 10月
★産業教育フェア 11月2回
★文化祭 11月
★全体説明会・個別相談・施設見学 12月

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

卒業には、「3年間以上の在籍」「必履修科目の履修」「普通科80単位以上、都市農業科83単位以上の修得」「特別活動の成果」の4つの条件を満たすことが必要。

三浦臨海高校と平塚農業初声分校が統合し、平成30年、普通科・都市農業科併置の単位制(年次進行型)による全日制課程高校として開校。 普通科は入江キャンパス(旧三浦臨海高校)を使用し、農業科目を選択した場合に和田キャンパスに移動して学習する。 また、都市農業科は1年次は入江キャンパスと和田キャンパス(旧平塚農業初声分校)を使用し、2・3年次は和田キャンパスを使用する予定。

「神奈川県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の県立三浦臨海高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

県立三浦臨海高等学校公式サイトはこちら