県立元石川高等学校の学校情報

県内で初めて企業と提携した土曜英語講座を実施

学校所在地
神奈川県横浜市青葉区元石川町4116
最寄り駅
東急線たまプラーザ駅 バスまたは徒歩20分、横浜市営地下鉄あざみ野駅 バスまたは徒歩25分、小田急線新百合ヶ丘駅 バス
電話番号
045−902−2692
関連カテゴリ
横浜市青葉区 / 横浜市営地下鉄 / 小田急小田原線 / 小田急多摩線 / 東急田園都市線 / 高校名「ま」行 / 共学 / 県立 / 普通科

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

三学期制

平成30年度よりカリキュラムを変更。授業は1コマ60分となった。

1、2年次では各教科をバランスよく配置し、基礎学力の充実を目指す。 様々な進路希望に対応できるように1年次は共通科目を多く配置。

2年次には各人の個性を伸ばすために、2単位分の必修選択科目を取り入れる。 また、「数学B」が必修科目となった。

3年次ではさらに10単位分の必修選択や4単位分の自由選択科目を数多く設け、大幅な選択制となる。 四年制大学、短大、専門学校から就職まで進路に応じた対応をしている。 選択授業は一部少人数制で学習する。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

1年次より進路指導説明会や実力テスト(年3回)、保護者面談などを実施。進路指導には力を入れており、きめ細かな指導を行っている。

土曜講習(5・6・10・11月)や夏期・冬期講習などを実施しており、学習面でのサポート体制が充実している。

★卒業生の進路状況(平成30年3月)
<卒業生316名>
大学211名、短大10名、専門学校39名、就職2名、その他54名

★卒業生の主な進学先
宮崎公立大、首都大学東京大、青山学院大、國學院大、上智大、成蹊大、成城大、中央大、東京理科大、法政大、武蔵大、明治大、明治学院大、立教大

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

約8割が参加。

最近の主な実績は以下の通り。
<平成30年度>
放送部が全国高校放送コンテストの3部門で入賞を果たした。陸上部(やり投げ)が関東陸上競技選手権で4位となる。また、女子バスケットボール部は関東大会出場、インターハイ予選で3位となる。
<平成29年度>
女子バスケットボール部が県予選で準優勝となり、関東大会に出場した。 総体予選では県4位だった。 陸上競技部は男子円盤投で関東大会に、女子円盤投で関東新人大会に出場した。

★設置部(※は同好会など)
硬式野球、サッカー、バドミントン、バスケットボール、バレーボール、陸上競技、硬式テニス、ソフトテニス、卓球、剣道、ダンス、情報処理、自然科学、美術、書道、吹奏楽、茶道、家庭、イラスト、軽音楽、華道、放送、合唱、※文芸、※コラボレーション、※写真、※競技かるた

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

5月 社会見学
6月 体育祭、芸術鑑賞会
7月 球技大会
9月 瑞穂祭(文化祭)
11月 修学旅行(2年)
12月 球技大会
3月 球技大会

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★学校説明会 8・10・12月各1回(10月はオープンスクールも実施)
★学校見学週間 8月
★学校へ行こう週間 10月
★瑞穂祭 9月 見学可
★学校見学は火・水・木の16:00以降に可(要電話連絡)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

元石川オ−プンスク−ル(MOS)は、全国に先駆けて34年前から続いている事業で、原則毎年10月に行われる。 平成29年度は、午前中に授業見学・体験授業、学校説明会、午後に学校見学、部活動見学・体験を実施。

主な施設・設備として、冷暖房完備のセミナーコーナー(和室・多目的教室)や、岩石園(庭園)などがある。

2年次に教科アントレプレナーシップを導入(必修選択)。 問題解決型の講座を通して起業家精神を学ぶ。 課題発見・解決能力、コミュニケーション、プレゼンテーション能力、自ら考える力を育成している。

外部企業と連携した土曜add-on講座では、英語資格取得コースと英会話コースを設置(全15回)。

平成29年度入学生より制服をリニューアル。

「神奈川県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の県立元石川高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

県立元石川高等学校公式サイトはこちら