県立大磯高等学校の学校情報

部活動が盛んで、自主自律の精神をもち、高い目標に挑戦できる生徒の育成をめざしている

学校所在地
神奈川県中郡大磯町東町2−9−1
最寄り駅
JR東海道線大磯駅 徒歩15分、JR東海道線平塚駅 バス
電話番号
0463−61−0058
関連カテゴリ
中郡大磯町 / 東海道本線 / ★★★(偏差値50から60程度まで) / 高校名「あ」行 / 共学 / 県立 / 普通科

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

二学期制

1年次では、芸術科目以外はすべて必修科目となっている。
2年次は、理科以外がすべて必修となる。 各科目をバランスよく配置し、大学入試に向けた基礎力の定着を図る。
3年次では文系、文理系、理系の3つに分かれる。 必修科目の他、文系では地理歴史の必修選択、文理系、理系では理科の必修選択があり、その他に各系に3つ、最大8単位分の自由選択が用意されている。

数学や英語で習熟度別授業や少人数の授業を展開する。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

「未来の夢講座」などで自分の進路・適性を考えることができる。

大学訪問、大学・短大・専門学校説明会、大学模擬講座など進路関係の行事が充実している。

夏期講習や土曜講習、プリントによる朝学習などにより学力を伸ばす。

エアコン常設の自習室が自由に利用できる。

★卒業生の進路状況(平成30年3月)
<卒業生273名>
大学203名、短大7名、専門学校25名、就職3名、その他35名

★卒業生の主な合格実績
帯広畜産大、香川大、北見工業大、静岡大、東京芸術大、東京農工大、横浜国立大、琉球大、都留文科大、早稲田大、青山学院大、学習院大、神奈川大、上智大、中央大、成蹊大、成城大、法政大、明治大、立教大、立命館大

♣指定校推薦枠のある大学・短大など♣
青山学院大、学習院大、北里大、昭和大、成城大、中央大、東京農業大、東京薬科大、東京理科大、法政大、明治大、明治学院大、立教大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

約9割が参加。

最近の主な実績は以下のとおり。
<平成30年度>
SF研究部が神奈川県高等学校文化連盟「連盟賞」などを受賞した。
<平成29年度>
陸上競技部と水泳部が関東大会に出場した。
<平成28年度>
陸上競技部が関東大会・関東新人大会出場、囲碁同好会が全国高校総合文化祭団体戦出場、吹奏楽部が県吹奏楽コンクールA部門銀賞などの成績を収めた。

★設置部(※は同好会)
陸上競技、水泳、卓球、弓道、剣道、野球、硬式テニス、サッカー、ラグビー、バドミントン、ソフトテニス、ソフトボール、バレーボール、バスケットボール、吹奏楽、茶華道、SF研究(映画)、※生物、※山岳、※囲碁、※天文、※写真、※軽音楽、※紅茶、※ダンス、※クッキング、※書道、※文芸漫画

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

体育祭と文化祭は一体のものとして開催される(海鳴祭)。

4月 遠足
6月 海鳴祭(体育祭)
7月 球技会
9月 海鳴祭(文化祭)
10月 修学旅行(2年)
2月 未来の夢講座
3月 球技会

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★学校説明会 8・10・12月各1回
★海鳴祭(文化祭) 9月見学可
★学校見学は随時可(要連絡)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

部活動が盛んで、自主自律の精神をもち、高い目標に挑戦できる生徒の育成をめざしている。

教室・図書室・自習室・進路室はエアコンを完備。

平成29年度に新武道場が完成。

SF研究部は、平成27年度に「高校生のためのeigaworldcup」最優秀脚本賞(全国1位相当)受賞、28年度に「高校生のためのeigaworldcup」ジャパンケーブルキャスト賞(全国3位相当)などの実績がある。また、28年度には神奈川新聞やテレビ神奈川などで紹介され、29年度に大磯町「なぎさの祭典」でヒーローショーを実施し紹介動画を作成するなどの活動をしている。

「神奈川県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の県立大磯高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

県立大磯高等学校公式サイトはこちら