県立平塚湘風高等学校の学校情報

必履修科目と選択科目をあわせて3年間で74単位以上を修得すると卒業が可能

学校所在地
神奈川県平塚市田村3−13−1
最寄り駅
JR東海道線平塚駅 バス、小田急線伊勢原駅、小田急線本厚木駅 バス
電話番号
0463−55−1532
関連カテゴリ
平塚市 / 東海道本線 / 小田急小田原線 / ★★(偏差値50程度まで) / 高校名「は」行 / 共学 / 県立 / 普通科

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

二学期制

必履修科目と選択科目を合わせて3年間で74単位以上を修得することで卒業が可能な単位制高校。 1・2年次には共通科目で基礎基本の学習を、2・3年次には選択科目で発展的な学習を中心に行う。

単位制高校だが、ホームルームクラスを編成し、学級担任が朝と帰りのホームルームを毎日行う。

1・2年次の数学と英語の授業で習熟度別小集団学習を、他の教科科目でもチームティーチングを導入。

1年次生には思考力・判断力向上のための「基礎学力育成シート」を授業とは別に実施している。

放課後には進学対応の講習や授業補習を行っている。 講習や自習のための学習室を2つ用意。

ICT活用能力の向上を図るために、プログラミング入門、メディア編集など情報科の特色ある科目を設定している。 また、情報科以外の教科でもPCを活用した授業を展開している。

2つの福祉実習室を設置。特色ある科目「社会福祉基礎」「児童福祉」を学ぶ。 福祉系への進路をサポート。

選択科目には進学対応の特色ある科目「現代文研究」「数学研究A/B」「物理研究」「化学研究」「生物研究」「英語研究A/B」などを設定。

進路選択の幅を広げたり、人間性を豊かにする特色ある科目「漢字の世界」「食品の科学」「スポーツライフ」「実用の書Ⅰ/Ⅱ」「ファッション造形基礎」を設定している。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

生徒一人ひとりに応じたきめ細かな進路指導を入学時より継続的、段階的に行う。 特に3年次には生徒一人ひとりに担当職員を配置する。

発展的な内容の選択科目や放課後の講習などをとおして、より高い進路目標の実現を目指した指導を行っており、進路実績も年々向上している。

★卒業生の進路状況(平成31年3月)
<卒業生205名>
大学44名、短大6名、専門学校75名、就職53名、その他27名

★卒業生の主な合格実績
麻布大、桜美林大、神奈川大、神奈川工科大、関東学院大、相模女子大、松蔭大、多摩大、玉川大、鶴見大、田園調布学園大、東海大、東京工芸大、日本経済大、文教大、横浜商科大、横浜美術大、和光大

♣指定校推薦枠のある大学・短大など♣
麻布大、桜美林大、神奈川大、神奈川工科大、鎌倉女子大、関東学院大、工学院大、国士舘大、相模女子大、産業能率大、多摩大、玉川大、鶴見大、東京工芸大、文教大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

最近の主な実績は以下のとおり。

<平成31年度>
ウエイトリフティング部が、第52回関東高等学校ウエイトリフティング競技大会89㎏級で第2位、第66回全国総体重量上げ89㎏級で第6位の成績を収めた。

パワーリフティング部は、第37回全日本高等学校パワーリフティング選手権大会で男子66㎏級第1位、女子は52㎏級第3位に。2019年世界ベンチプレス選手権大会にも出場し、男子66㎏級第4位となった。

軽音楽部は、第19回高等学校軽音楽コンテストに出場し、高文連会長賞を受賞した。

★設置部(※は同好会)
ウエイトリフティング、硬式テニス、硬式野球、サッカー、山岳、柔道、女子バレーボール、水泳、ソフトテニス、卓球、バスケットボール、バドミントン、陸上競技、※剣道、パワーリフティング、演劇、合唱、華道、軽音楽、コミッククリエーション、茶道、写真、吹奏楽、美術・工芸、※手芸

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

春の遠足、体育祭、修学旅行、文化祭などを実施。

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2019年度実施内容)

★学校説明会 9・11・12月各1回
★公開授業 10月1回
★学校見学は随時可(要連絡)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

単位制高校の利点を活かした年次進行を基調としたカリキュラムマネジメントに取り組んでいる。
共通、共修科目を増加し、多様な選択科目を精選し、生徒の進路や興味関心に応える教育課程を編成している。

「豊かな人間性を備えた、社会で自立できる人材」の育成が学校目標。

「確かな学力育成推進校」として学力だけでなく社会で求められる人間力(社会人基礎力)を育成するための取組みを研究、実践していく。

突撃取材!学校の先生に聞きました!!

入試に向けてこんな準備をしてほしい

すべての教科で基礎・基本をしっかり固めておくことが大切です。中学校で習っている内容をよく復習しておきましょう。

学校説明会のおすすめポイント

  • 生徒による学校紹介
  • 在校生(一年次、三年次)が語る学校生活
  • 施設、部活動見学

学校のここに注目してほしい

  • 授業はチャイムと同時に立礼で始まります。「授業規律」を大切にするとともに、視覚的教材の活用やスモールステップで「わかる授業」を展開しています。
  • 思考力、判断力、表現力を伸ばすような取り組みを考えています。
  • 学習する場所として、教室や廊下がきれいであるように心がけています。
  • 部活動や学校行事も大切にしています。

「神奈川県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の県立平塚湘風高等学校情報

ギャラリー

  • 県立平塚湘風高等学校ギャラリー

アクセスマップ

公式サイト

県立平塚湘風高等学校公式サイトはこちら