県立座間総合高等学校の学校情報

平成29年度より、新しい教育課程を実施

学校所在地
神奈川県座間市栗原2487
最寄り駅
小田急線相武台前駅 バスまたは徒歩20分、小田急線南林間駅 バスまたは徒歩30分、相模鉄道さがみ野駅 バスまたは徒歩25分
電話番号
046−253−2920
関連カテゴリ
座間市 / 小田急小田原線 / 小田急江ノ島線 / 相鉄本線 / ★★(偏差値50程度まで) / 高校名「さ」行 / 共学 / 県立 / 総合学科

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

二学期制

平成29年度より、新しい教育課程を実施。

単位制総合学科。卒業要件は必履修科目を全て履修し80単位以上修得。

キャリア教育」「国際理解教育」を二本柱に位置づける。「産業社会と人間」「総合的学習の時間」を中心に4つの系列とあいまって3年間一貫したキャリアプログラムを展開。

グローバル教養系列を充実させ、英語はもとより第2外国語の授業、姉妹校訪問、国際フェスタ、国際理解講演会などを通しグローバル人材としての資質を高める教育活動を実施。

生徒一人一人の進路実現のため「少人数教室」「多彩な選択科目」を展開。

グローバル教養」「情報ビジネス」「生活デザイン」「芸術スポーツの4つの系列があり、その中に進学対応科目も多数入っている。

1年次で必履修科目を中心に学習し、2・3年次で自己目標に合わせた系列の科目から選択していく。

総合学科高校の特色を十分に生かし、学校外の教育機関との連携も展開。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

★卒業生の進路状況(平成30年3月)
<卒業生226名>
大学83名、短大19名、専門学校86名、就職20名、その他18名

★卒業生の主な進学先
神奈川大、神奈川工科大、鎌倉女子大、関東学院大、国士舘大、駒澤大、相模女子大、産業能率大、専修大、拓殖大、玉川大、鶴見大、田園調布学園大、日本体育大、文教大、明星大、和光大

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

約7割が参加。

最近の主な実績は以下のとおり。
<平成30年度>
ソフトボール部が県総体で3位(3年連続)、卓球部(女子団体)が県総体ベスト8・北相地区大会準優勝、野球部が秋季県大会出場などの成績を収めた。

★設置部(※は同好会)
剣道、ソフトボール、卓球、サッカー、ダンス、硬式野球、陸上競技、バドミントン、バレーボール、バスケットボール、テニス、ソフトテニス、ワンダーフォーゲル、空手道、吹奏楽、演劇、軽音楽、茶道・華道、写真、美術、文芸、家庭科、囲碁・将棋、フラメンコ、ESC、アニメーション、書道、合唱、※Web、※手話

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

新入生オリエンテーションでは、高校生活の基礎や学習のしかた、履修などについての指導が行われる。

体育祭、文化祭、球技大会に加え、宿泊語学研修、姉妹校訪問、外国語による演劇・スピーチを行う国際フェスタなどがある。

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★部活動体験 8・10月各1回
★学校説明会 8・10・12月各1回
★在県外国人等特別募集学校説明会 12月1回
★国際フェスタ 11月 見学可
★学校見学は随時可(要連絡)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

「10年後の自分づくり」をスローガンに、単位制総合学科ながらもホームルームを生活の基本単位として位置付けている。 また、規範意識を持ち自立した社会人となるため、ルールを守ることを大切にしている。 特色の「キャリア教育」としては上級学校訪問・職業人インタビュー等を取り入れ、「シチズンシップ教育」の取組みとして、座間市議会の協力で議場や委員会室を訪問し、現役議員から直接「シチズンシップ教育」を受ける企画を行っている。

全教室冷暖房完備。ガイダンスルーム、自習室、ラウンジ、CALL教室、プレゼンルーム(2教室あり)。

「神奈川県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の県立座間総合高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

県立座間総合高等学校公式サイトはこちら