県立新城高等学校の学校情報

生徒参加型授業により「学ぶ意欲」と 「学力の向上」「言語活動の充実」をめざす

学校所在地
神奈川県川崎市中原区下新城1−14−1
最寄り駅
JR南武線武蔵新城駅・武蔵中原駅 徒歩12分
電話番号
044−766−7456〜7457
関連カテゴリ
川崎市中原区 / 南武線 / ★★★(偏差値50から60程度まで) / 高校名「さ」行 / 共学 / 県立 / 普通科

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

二学期制

50分授業を実施。

生徒参加型授業により学ぶ意欲」と「学力の向上」「言語活動の充実」をめざす。

1年次は芸術を除いて全員が共通の科目を履修し、基礎・基本の定着を図る。
2年次から科目選択制を設置。 2年次は化学・生物・日本史B・世界史B・音楽Ⅱ・美術Ⅱから選択する(4単位)。

3年次には現代文B・現代社会・コミュニケーション英語Ⅲ・英語表現Ⅱ・体育以外、すべて選択科目となる。 10単位の必修選択科目に加え、最大6単位の自由選択科目を選ぶことが可能。 自由選択科目には小論文探究、英語研究、解法研究、美術実践、スポーツⅡ、発達と保健などがある。
3年次の英語は最大9単位まで履修可能で、質・量共に充実している。

総合的な学習の時間では進路探究(大学模擬授業など)やシチズンシップ教育(模擬裁判など)を行っている。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

週末課題や第一志望宣言、3年0学期始業式(2年生の1月)、充実した講習など、確実な進路実現に向けた取り組みをしている。

夏期講習は一部実技教科を除き全教員で行っている。 センター試験対策など、50以上の講座を開講。

★卒業生の進路状況(平成30年3月)
<卒業生265名>
大学196名、短大7名、専門学校19名、就職2名、その他41名

★卒業生の主な合格実績
北海道大、横浜国立大、九州大、神奈川県立保健福祉大、首都大学東京、早稲田大、青山学院大、学習院大、上智大、中央大、東京理科大、法政大、明治大、立教大

♣指定校推薦枠のある大学・短大など♣
青山学院大、学習院大、上智大、中央大、東京理科大、獨協大、法政大、武蔵大、明治大、明治学院大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

85%を超える加入率で放課後も学校中がたいへん賑わっている。

最近の主な実績は以下のとおり。
<平成29年度>
水泳部がインターハイに出場した(2種目)。 放送委員会は全国高校総合文化祭に出場した。
<平成28年度>
放送委員会がNHK杯全国放送コンテスト全国大会でアナウンス部門優秀賞、全国高校総合文化祭でアナウンス部門優秀賞などの成績を収めた。

★設置部(※は同好会など)
陸上、水泳、体操、剣道、硬式野球、サッカー、ラグビー、バレーボール、バスケットボール、ソフトボール、ハンドボール、ダンス、バドミントン、ソフトテニス、硬式テニス、美術、吹奏楽、茶道、合唱、軽音楽、将棋、演劇、家庭科、※放送委員会、※文芸

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

生徒が積極的に参加する数多くの学校行事は、外部からも大勢の見学があるなど常に盛り上がりを見せ,高校生活のよい思い出になっている。

5月 体育祭
7月 合唱コンクール
9月 城高祭(文化祭)
10月 修学旅行(2年)
3月 球技発表会

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★学校説明会 10・11月各1回
★学校へ行こう週間 10月
★文化祭 9月 見学可
★学校見学は長期休暇中は月・水・金曜日10時からと14時から。7月から 12月の課業期間中は月・木曜日15時 50分から(要連絡)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

昭和38年地元の熱心な誘致運動により創立された。

豊富な知識に裏づけられた思考力」「独創的発想と豊かな表現力」「協調性を備えた責任感ある実行力を備えた生徒の育成を目指している。 海外帰国生徒特別募集あり。

シチズンシップ教育による市民意識の向上をめざしている。

平成27年度に新校舎が完成。それに合わせて女子の制服も変更された。平成30年度には新しい部室棟と多目的ホールを備えた生徒会館が完成する。

「神奈川県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の県立新城高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

県立新城高等学校公式サイトはこちら