県立横浜桜陽高等学校の学校情報

柔軟な学びのシステムを持つ「フレキシブルスクール」として開校

学校所在地
神奈川県横浜市戸塚区汲沢町973
最寄り駅
JR東海道線・横須賀線・横浜市営地下鉄戸塚駅、横浜市営地下鉄立場駅 バス
電話番号
045−862−9343
関連カテゴリ
横浜市戸塚区 / 東海道本線 / 横須賀線 / 横浜市営地下鉄 / ★★(偏差値50程度まで) / 高校名「や」行 / 共学 / 県立 / 普通科

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

二学期制

年次ごとの学びを中心に配置されたカリキュラムを利用して、生徒一人ひとりの学習や進路の目標に必要な科目を履修する(平成29年度入学生から)。

1年次は芸術を除いて全員共通の授業。
2年次は進路希望に応じて一部必修選択制。
3年次はコミュニケーション英語Ⅲと体育は全員共通。必修選択と自由選択で進路希望等に応じて最大22単位まで選択できる。

連携先の大学、専門学校の授業も受講でき、単位も認定される。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

進路ガイダンスルームが設置され、随時利用可能。 担任・チューターが随時相談に応じ、きめ細かくアドバイスする。

1年次より総合的な学習の時間」等で計画的にキャリア学習を行い、生徒一人ひとりが自らの資質や将来としっかり向き合い、自ら進路を切り拓こうとする態度を育む。

卒業生や在校生によるサポートなども行っている。

★卒業生の進路状況(平成30年3月)
<卒業生260名>
大学88名、短大12名、専門学校93名、就職29名、その他38名

★卒業生の主な合格実積
東京学芸大、桜美林大、神奈川大、神奈川工科大、関東学院大、駒澤大、相模女子大、松蔭大、湘南医療大、湘南工科大、専修大、大正大、大東文化大、拓殖大、多摩大、多摩美術大、鶴見大、東海大、東京工芸大、東京福祉大、日本大、文教大、東京農業大、横浜薬科大、和光大

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

最近の主な実績は以下のとおり。
<平成30年度>
演劇部が高等学校演劇発表横浜中央大会で最優秀賞を受賞し、県大会に出場した。テニス部は男女ともに、横浜地区高校テニストーナメント大会にてベスト16となる。
<平成29年度>
華道部が小笠原流東京地区学生いけばな競技会で第2位(団体)・優秀賞・佳作(個人)、吹奏楽部が横浜吹奏楽コンクール高校B部門で銀賞を受賞した。
<平成28年度>
華道部が小原流東京地区学生いけばな競技会で第2位(団体)・優秀賞(個人)、書道部が県高校教育書道コンクールで横浜市教育委員会賞、弓道部が県総体で女子個人3位などの成績を収めた。

★設置部(※は同好会)
野球、バレーボール、バスケットボール、ソフトテニス、バドミントン、サッカー、卓球、剣道、柔道、弓道、テニス、ゴルフ、ダンス、演劇、軽音楽、写真、吹奏楽、青少年赤十字、華道、茶道、放送、漫画研究、合唱、文芸・創作、パソコン、美術、手話、書道、園芸、お茶会、JAZZ、競技かるた、テーブルゲーム、※ハンドメイド

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

平成30年度(29年度入学生)は10月に瀬戸内・関西方面の修学旅行を実施予定。

4月 一日体験学習・フレッシュマンディキャンプ
6月 春のスポーツ大会
10月 桜陽祭(文化祭)、修学旅行
3月 球技大会

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★授業体験 7月1回
★部活動体験 11月1回
★学校説明会・入試説明会 9・11・12月各1回
★桜陽祭 10月 見学可
★学校見学は随時可(要連絡)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

平成15年度、柔軟な学びのシステムを持つフレキシブルスクールとして開校した。 29年度より年次進行型に改編された。

就業体験活動(インターンシップ)や計画的、継続的なボランティア活動についても単位認定している。

4室ある情報実習室は様々な教科の授業や資格・検定の取得やプレゼンテーション能力の育成などで利用されている。

「神奈川県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の県立横浜桜陽高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

県立横浜桜陽高等学校公式サイトはこちら