県立横浜緑園高等学校の学校情報

単位制総合学科から単位制普通科へ

学校所在地
神奈川県横浜市泉区岡津町2667
最寄り駅
相模鉄道緑園都市駅 徒歩15分、JR東海道線・横須賀線・横浜市営地下鉄戸塚駅、JR横須賀線東戸塚駅 バス
電話番号
045-812-3371
関連カテゴリ
横浜市泉区 / 東海道本線 / 横須賀線 / 横浜市営地下鉄 / 相鉄いずみ野線

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

二学期制

平成29年度、それまでの単位制総合学科から単位制普通科へと改編した。 それに伴い教育課程が一般受験に対応し、かつ興味・関心のある科目選択もできるものとなった。

1年次は、全員が芸術を除いて共通の科目を履修する。
2年次は、「国語表現」「英語研究α」と「数学Ⅱ」、「物理基礎」と「地学基礎」が選択制となり、それ以外に2科目6単位分の必修選択が設置。
3年次には、選択科目が増え(必修選択10単位・自由選択最大8単位)、希望する進路や興味・関心に応じた学習を行うことができる。 3年次の選択科目には「現代文研究」「数学探究α・β」のような普通科目のほかに「手話Ⅰ・Ⅱ」「演劇表現」のような言語や表現力を豊かにする科目もある。

校外講座、就業体験活動やボランティア活動、赤十字救急法、実用英語技能検定などの技能審査の結果によっても単位が認定される。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

キャリア学習(Challenge)を重視。出前授業や職業人インタビュー、プレゼンテーション技術の習得等を行う。

夏休みには夏季講習やキャリア体験学習を実施。

★卒業生の進路状況(平成30年3月)
<卒業生265名>
大学63名、短大22名、専門学校121名、就職16名、その他43名

★卒業生の主な進学先
桜美林大、神奈川大、神奈川工科大、鎌倉女子大、関東学院大、共立女子大、工学院大、産業能率大、城西国際大、湘南工科大、多摩大、玉川大、千葉商科大、田園調布学園大、桐蔭横浜大、東京家政大、東京工芸大、東京都市大、東京未来大、東洋英和女学院大、東洋学園大、日本大、日本体育大、文化学園大、文教大、横浜薬科大、和光大

♣指定校推薦枠のある大学・短大など♣
桜美林大、大妻女子大、神奈川大、関東学院大、杏林大、国士舘大、産業能率大、拓殖大、東海大、東京工科大、東洋英和女学院大、日本大、文教大、立正大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

最近の主な実績は以下のとおり。
<平成30年度>
本校生徒が第65回全国高等学校珠算・電卓競技大会に出場した(全国大会出場は6年連続7回目)。
<平成29年度>
吹奏楽部が東関東吹奏楽コンクールでB部門銅賞を受賞した。 また、本校生徒が第64回全国高等学校珠算・電卓競技大会に県代表として出場し、電卓競技読上算の部で4位(佳良)となった。

★設置部
剣道、空手、硬式野球、水泳、陸上競技、卓球、サッカー、ダンス、硬式テニス、ソフトボール、バスケットボール、バドミントン、チアバトン、バレーボール、ハンドボール、弓道、写真、演劇、茶道、合唱、吹奏楽、美術、軽音楽、文芸、放送、漫画研究、書道、料理研究、華道、パソコン研究、囲碁・将棋

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

4月 遠足、竹林整備
6月 体育祭
10月 欅鴎祭(きょおうさい)(文化祭)
11月 修学旅行(2年)
3月 スポーツ大会

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★学校説明会 10・12月各1回
★欅鴎祭 10月 見学可(個別相談会も実施)
★学校見学は随時可(要連絡)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

人間性・社会性を磨き、自分の枠を広げるため、ボランティア活動等自己啓発活動を推奨している

地域の幼稚園から大学までが連携してジョイントコンサートを行っている。 本校からは吹奏楽部、チアバトン部、合唱部が中心となって活動。

「神奈川県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の県立横浜緑園高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

県立横浜緑園高等学校公式サイトはこちら