県立湘南台高等学校の学校情報

シチズンシップ教育の推進に重点を置いている

学校所在地
神奈川県藤沢市円行1986
最寄り駅
小田急線・相模鉄道・横浜市営地下鉄湘南台駅 徒歩8分
電話番号
0466−45−6600
特色
-駅から近い
関連カテゴリ
藤沢市 / 横浜市営地下鉄 / 小田急江ノ島線 / 相鉄いずみ野線 / ★★★(偏差値50から60程度まで) / 高校名「さ」行 / 共学 / 県立 / 普通科

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

三学期制

基礎を徹底し、個々に適応した授業展開をしている。 1年次の英語・数学は習熟度別少人数制を導入。 2クラス3展開、年間3回のクラス再編できめ細かな指導が行われる。

2年次は、2つの類型に分かれ、個々の進路にあわせた選択科目を設置。
3年次にはさらに多様な選択科目を設置し、2分の1から3分の2を選択科目が占めるほど。 横浜市立大・神奈川大・東海大などの大学の授業を受講すると単位として認められる制度がある。

ボランティア活動の成果が単位として認定されるほか、日本漢字能力検定、実用英語技能検定、毛筆書写技能検定、TOEICなどの技能審査の成果、保育園や図書館など、本校が協定を結んでいる県や民間の施設での就業体験活動(インターンシップ)なども単位として認定されている。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

分野別説明会や卒業生によるキャリア講演会などを行っている。

希望者を対象としたインターンシップやボランティアを実施するなど、将来を考える機会が多い。

基礎補習や発展講習が実施される。

土曜日にはセンター対策講習や英検対策など、年間を通じて複数講座をほぼ毎週開講している。

★卒業生の進路状況(平成30年3月)
<卒業生272名>
大学188名、短大14名、専門学校36名、就職4名、その他30名

★卒業生の主な合格実績
鹿屋体育大、神奈川県立保健福祉大、早稲田大、青山学院大、学習院大、國學院大、神奈川大、駒澤大、成城大、専修大、中央大、東洋大、日本大、法政大、明治大、明治学院大、立教大

♣指定校推薦枠のある大学・短大など♣
青山学院大、学習院大、神奈川大、鎌倉女子大、駒澤大、産業能率大、専修大、日本大、日本女子大、法政大、明治学院大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

約7割が参加。

ボランティア部は夏休みに箱根へ行って小学生のリーダーを務めたり、地域の清掃を行ったりしている。

最近の主な実績は以下のとおり。
<平成30年度>
吹奏楽部がJAPAN CUP全国大会13連覇達成、女子バレーボール部が県新人大会3位、陸上競技部が県高校新人陸上大会4×400mリレー6位、バドミントン部がインターハイ予選県ベスト8などの成績を収めた。
<平成29年度>
吹奏楽部がマーチングバンド全国大会グランプリ・文部科学大臣賞受賞、女子バレーボール部が関東大会出場・ビーチバレージャパン女子ジュニア選手権大会出場、陸上競技部が関東大会6位・全国大会出場(400Mハードル)、バドミントン部が関東大会出場などの成績を収めた。

★設置部
サッカー、野球、剣道、バレーボール、ダンス、体操競技、バドミントン、ソフトボール、テニス、バスケットボール、ハンドボール、陸上競技、茶道、美術、イラスト、合唱、演劇、料理研究、コンピュータ、吹奏楽、ボランティア、自然科学

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

遠足(4月)、体育祭(6月)、球技大会(7・12・3月)、湘風祭(文化祭・9月)、修学旅行(10月)、クロスカントリー(2月)、芸術鑑賞会(3月)などを実施。

体育祭は、色別に工夫したコスチュームを身にまとい、全員参加で行う応援合戦などで盛り上がる。

「いちょうの集い」は、地域の方々との世代間交流会。

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★夏休み学校見学会 8月1回
★オープンスクール 9月1回
★学校へ行こう週間 11月
★学校説明会 12月1回
★湘風祭 9月 見学可
★学校見学は随時可(要連絡)。なお、夏季休業中は見学会への参加を推奨

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

シチズンシップ教育の推進に重点を置いており、科目「シチズンシップⅠ・Ⅱ・Ⅲ」では模擬議会・模擬選挙など行い、より良い社会づくりに積極的に参加する姿勢を身につける。

「神奈川県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の県立湘南台高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

県立湘南台高等学校公式サイトはこちら