県立菅高等学校の学校情報

確かな学力育成推進校

学校所在地
神奈川県川崎市多摩区菅馬場4−2−1
最寄り駅
小田急線読売ランド前駅 バスまたは徒歩20分、JR南武線稲田堤駅 バスまたは徒歩15分、京王線京王稲田堤駅 バス
電話番号
044−944−4141
関連カテゴリ
川崎市多摩区 / 南武線 / 小田急小田原線 / 京王相模原線 / ★★(偏差値50程度まで) / 高校名「さ」行 / 共学 / 県立 / 普通科

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

三学期制

確かな学力育成推進校。 生涯にわたる社会的・職業的自立をめざし、そのための基礎学力の定着と学習意欲の向上を図る。 進学希望者向けに大学進学に対応する、基礎および応用のきく学力の養成を目標とした自由選択科目を設置。

生徒一人ひとりの個性や能力を伸ばすため、英語、数学、体育の授業や3年次の自由選択授業で少人数学習を実施。 また英語、数学は習熟度別学習を行い、きめ細かい指導をしている。

2年次は文系・理系に、3年次からは文系・理系Ⅰ・理系Ⅱに分かれて学習。 多彩に用意された自選・必選科目の中から、各自の関心や進路に応じた授業を選択する。

学習支援プログラムが充実しており、毎週の家庭学習課題や学習アドバイス、授業内の小テストや補習・講習の実施によって基礎学力の定着を図っている。

高大連携を行っており、桜美林大、神奈川工科大、田園調布学園大の土曜講習や特別聴講生に参加すると単位として認定される。 そのほかに、資格取得支援も実施。漢検・英検の校内受検や専門学校との連携も行っている。 これら資格検定やインターンシップ活動、ボランティア活動も単位として認められる。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

夏季休業中の講習や補習の他、三者面談、各種ガイダンスなどを実施。 進路指導室も設置されている。

★卒業生の進路状況(平成30年3月)
<卒業生327名>
大学130名、短大11名、専門学校110名、就職25名、その他49名

★卒業生の主な進学先
青山学院大、神奈川大、神奈川工科大、関東学院大、駒澤大、産業能率大、専修大、多摩大、玉川大、東海大、日本大、横浜商科大

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

約7割が参加(1年次は全員参加)。
バドミントン部や陸上競技部はインターハイや関東大会出場の実績がある。

最近の主な実績は以下のとおり。
<平成30年度>
陸上競技部が女子4×100mリレーで関東大会出場し、8位入賞。県新人戦では男子三段跳、女子三段跳、走り幅跳で5位に入賞した。サッカー部は関東大会県二次予選に出場した。
<平成29年度>
陸上競技部が総体予選では4種目で南関東大会に出場し、新人戦では2種目で関東大会に出場した。サッカー部は全国高校サッカー選手権二次予選に進出した。

★設置部(※は同好会)
サッカー、野球、バドミントン(男女)、卓球、陸上競技、バレーボール(男女)、バスケットボール(男女)、テニス(男女)、ソフトテニス(男女)、柔道、剣道、フィールドワーク、ダンス、美術、写真、軽音楽、吹奏楽、演劇、茶道、華道、鉄道研究、コンピュータ、放送、創作、学びクラブ、※調理、※書道、※かるた

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

4月 新入生オリエンテーション
6月 体育祭
10月 飛翔祭(文化祭)
11月 修学旅行(2年)
12月 球技大会
3月 球技大会

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★学校説明会 7月1回、8月3回、11・12月各1回
★飛翔祭 10月 見学可

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

朝の10分間読書を実施している。

4階テラスは生徒の憩いの場で、都心、スカイツリーはもとより遠く筑波山や日光の山々も見えるパノラマを誇る。

モラル・マナー教育を積極的に推進しており、生活指導は徹底して行っている。

県教育委員会より確かな学力推進校の指定を受けている。

「神奈川県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の県立菅高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

県立菅高等学校公式サイトはこちら