県立藤沢西高等学校の学校情報

「一人ひとりの文武両道」がモットー

学校所在地
神奈川県藤沢市大庭3608−2
最寄り駅
JR東海道線辻堂駅 バスまたは徒歩30分、JR東海道線・小田急線・江ノ島電鉄藤沢駅、 小田急線・相模鉄道・横浜市営地下鉄湘南台駅 バス
電話番号
0466−87−2150
関連カテゴリ
藤沢市 / 東海道本線 / 横浜市営地下鉄 / 江ノ島電鉄 / 小田急江ノ島線 / 相鉄いずみ野線 / ★★★(偏差値50から60程度まで) / 高校名「さ」行 / 共学 / 県立 / 普通科

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

二学期制

50分×6時限の時程で授業を実施。

1年次では、芸術科目以外は全員同じ科目を履修。

2年次は、必修選択科目を設置。 古典基礎、発展化学基礎、音楽表現、ファッションソーイングなど多彩な科目が用意されている。

3年次からは文系・理系①・理系②に分かれる。 必修選択や自由選択科目の中から各自の能力、興味関心や適性にあった進路が選択可能。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

進路指導室を設置。

学年別の進路ガイダンスや、保護者面談、全国模試、学力判定テスト、夏期講習、保護者対象の進路講演会などを実施。

授業を大切にし、一人ひとりの進路希望が実現するようきめ細かく指導している。

★卒業生の進路状況(平成30年3月)
<卒業生270名>
大学192名、短大11名、専門学校34名、就職6名、その他27名

★卒業生の主な進学先
山梨大、横浜国立大、神奈川県立保健福祉大、青山学院大、学習院大、慶應義塾大、國學院大、駒澤大、上智大、成蹊大、成城大、専修大、東海大、東京理科大、東洋大、日本大、法政大、明治大、明治学院大、立教大

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

約8割が参加。
水泳部が4年連続インターハイ出場(平成24〜27年度)3年連続国体出場(平成25〜27年度)の実績がある。

最近の主な実績は以下のとおり。
<平成30年度>
陸上部が9年連続関東大会に出場、かるた部が3年連続全国大会に出場した。
<平成29年度>
陸上部がインターハイに出場した。また、かるた部が全国大会に出場した。

★設置部
サッカー、野球、バスケットボール(男女)、テニス、ソフトテニス、バレーボール(女)、バドミントン、卓球、陸上、ハンドボール(男女)、水泳、ゴルフ、剣道、柔道、フットサル(女)、吹奏楽、美術、かるた、室内楽、漫画研究、茶道、音楽、放送、コーラス、JRC、書道、お菓子

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

体育祭(カラーアトラクション)は準備段階から熱が入る。遊ing西高は地元小学生との交流会。

4月 遠足
6月 体育祭
9月 西高祭(文化祭)
10月 修学旅行(2年)
12月 球技大会
2月 マラソン大会
3月 合唱祭、遊ing西高

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★学校紹介 7・8・9月各2回
★学校説明会 11・12月各1回
★部活動体験交流会 8月4回
★学校へ行こう週間 11月
★西高祭 9月 見学可
★学校見学は随時可だが、できる限り学校説明会への参加を希望(要連絡)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

昭和49年創立。 緑に囲まれ、恵まれた自然環境のなかにある。学力の充実・生活指導の徹底に心がけ、知・情・意・体の調和ある発達をはかり、誠実で良識ある有為な人物を育成することを教育の基本方針として掲げている。

教育目標は「誠実・勤勉・協調・健康・教養」の5項目。

一人ひとりの文武両道」をモットーに勉強、部活動、行事すべてに生徒たちは一生懸命取り組んでいる。大変明るく活気のある学校。

行事や部活動など、生徒が主体となって取り組む機会が多く用意され、コミュニケーション能力や課題解決力など将来必要とされる力を培う。

積極的に地域との交流を図っており、近隣の小中学生や地域住民と共に百人一首やお茶会を楽しんだり、演奏会を開催したりしている。

耐震工事を進めており、平成29年3月に教室棟が完成した。

「神奈川県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の県立藤沢西高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

県立藤沢西高等学校公式サイトはこちら