県立追浜高等学校の学校情報

校訓は「独立自主」、それに「文武両道」。

学校所在地
神奈川県横須賀市夏島町13
最寄り駅
京浜急行線追浜駅 徒歩13分
電話番号
046−865−4174
関連カテゴリ
横須賀市 / 京浜急行線 / ★★★★(偏差値60から70程度まで) / 高校名「あ」行 / 共学 / 定時制 / 県立 / 普通科

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

二学期制

平成29年度より、55分×6時限の時程で授業を実施。

1年次は芸術科目を除き、全員が共通の科目を履修する。
2年次には一部選択制を導入。4単位の科目群、2単位の科目群からそれぞれ選択して履修する。
3年次は、現代文B、政治・経済、体育、コミュニケーション英語Ⅲ、英語語法研究以外の科目が選択科目となっており、それぞれの興味・関心や進路希望に応じて科目を履修することができる。

漢検や英検等を取得し、その申請を行えば、単位として認められる制度がある。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

夏期休暇中には希望者を対象に補習を実施。

進路相談室が校舎の中心に設けられ、生徒の悩みにいつでも応じられるようになっている。

高大連携活動でもあるキャリア模擬授業では、複数の大学教員に来校してもらい、本校生徒相手に大学の授業を行ってもらっている。

★卒業生の進路状況(平成30年3月)
<卒業生276名>
大学222名、短大3名、専門学校14名、就職0名、その他37名

★卒業生の主な合格実績
東京工業大、横浜国立大、神奈川県立保健福祉大、横浜市立大、長崎県立大、早稲田大、慶應義塾大、青山学院大、学習院大、國學院大、国士館大、上智大、昭和薬科大、成蹊大、成城大、中央大、東京理科大、法政大、明治大、明治学院大、明治薬科大、立教大

♣指定校推薦枠のある大学・短大など♣
横浜市立大、青山学院大、学習院大、神奈川大、芝浦工業大、上智大、成蹊大、成城大、専修大、中央大、東京理科大、東京薬科大、日本大、法政大、明治大、明治学院大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

約8割が参加。 陸上競技部はインターハイ出場の経験がある(平成24年度)。

ラグビー部は神奈川代表選手(女子)を輩出し、その選手達が全国7人制大会3位、世界大会出場を果たしたという実績がある。

最近の主な実績は以下のとおり。
<平成30年度>
弓道部(個人女子)が関東大会に出場した。吹奏楽部が、県吹奏楽コンクールで銅賞を受賞した。
<平成29年度>
棋道部が全国高校総合文化祭でベスト16になった。弓道部(男子個人・女子団体)が県弓道新人大会で優勝し、東日本弓道大会に出場した。

★設置部 (※は同好会)
剣道、サッカー、陸上競技、野球、卓球、水泳、ラグビー、弓道、バレーボール、バスケットボール、テニス、バドミントン、チアダンス、吹奏楽、茶道、華道、家庭、フォークソング、棋道、写真、美術、放送、パソコン、合唱、※異文化研究

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

文化祭と体育祭を隔年で実施している。 平成30年度は文化祭を行った。
地域貢献デーでは地域清掃を行う。
耐寒訓練は真冬に3日間、野島へ早朝マラソンをするというもので、開校以来50年以上続いている伝統行事。

5月 ふれあい行事(遠足)
7月 文化祭・体育祭(隔年)
9月 球技大会
10月 合唱コンクール、修学旅行(2年)、地域貢献デー
12月 耐寒訓練
3月 球技大会

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★学校説明会 7・10月各1回
★体験授業 9月1回
★学校へ行こう週間 10月
★学校見学は随時可(要連絡)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

1年次から各種進路ガイダンスを実施し、3年間を通して一貫したキャリア教育を行っている。

校訓は独立自主」、それに「文武両道

平成24年度に創立50周年を迎え、横須賀芸術劇場で50周年記念式典を行った。

平成27年夏、新校舎(第1棟)が完成し、図書室等が充実し、自習室も完備した。 現在、多くの生徒が有効活用している。

「神奈川県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の県立追浜高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

県立追浜高等学校公式サイトはこちら