県立鶴見総合高等学校の学校情報

ブックトーク等による読書活動の推進を行っている

学校所在地
神奈川県横浜市鶴見区平安町2−28−8
最寄り駅
京浜急行線鶴見市場駅 徒歩17分、京浜急行線京急鶴見駅 徒歩22分、JR京浜東北線・東海道線・南武線川崎駅、京浜急行線京急川崎駅 バス 、JR京浜東北線鶴見駅 バスまたは徒歩22分
電話番号
045−506−1234
関連カテゴリ
横浜市鶴見区 / 京浜東北線・根岸線 / 東海道本線 / 南武線 / 京浜急行線 / ★★(偏差値50程度まで) / 高校名「た」行 / 共学 / 県立 / 総合学科

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

二学期制

平成29年度より年次進行型の教育課程となった。

1年次は全員が共通の必履修科目を学ぶ。 2年次以降の科目選択や進路について考えるために、1年次には全員が「産業社会と人間」を含む「未来探索Ⅰ」を履修する。
2、3年次には必履修科目以外に系列科目が設置され(2年次は10単位、3年次は16〜20単位)、自分で科目を選択し、卒業に必要な単位(80単位以上)を修得するシステム。

系列科目には100に近い選択科目があり、グローバル教養、情報ビジネス、生活デザイン、芸術スポーツの4系列に区分される。 グローバル教養には「国語表現」「国際理解入門」「中国語入門・発展」など、情報ビジネスには「DTP入門」「情報ビジネス基礎」など、生活デザインには「介護福祉基礎」「フードデザイン」など、芸術スポーツには「演劇入門・発展」「ヒップホップダンス入門・発展」などの科目がある。

基礎学力充実のため、習熟度別学習、少人数授業、ティームティーチングを導入している。

技能審査、校外講座など、学校外の学修で一定の成果をあげた場合、単位として認定される。

1、2年次に学ぶ「未来探索Ⅰ・Ⅱ」では体験活動を重視しており、職業人インタビューや上級学校訪問、プレゼンテーションなどのプログラムが用意されている。 3年次の「未来探索Ⅲ」では集大成としての課題研究を行う。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

一人ひとりのニーズに応じた相談体制が整っている。

外国人支援の学習サポートを定期的に実施。

★卒業生の主な進学先
神奈川大、玉川大、帝京平成大

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

最近の主な実績は以下のとおり。
<平成29年度>
和太鼓部が関東大会で銀賞を受賞した(2回目)。
<平成27年度>
陶芸部が高文連全国大会へ出品した。

★設置部(※は同好会)
硬式野球、バスケットボール、サッカー、テニス、ソフトテニス、バドミントン、柔道、卓球、ダンス、陸上競技、剣道、バレーボール、ハンドボール、吹奏楽、軽音楽、演劇、茶道、料理、鉄道研究、美術、写真、漫画研究、パソコン、和太鼓、放送、陶芸、英語、かるた、※手芸、※書道

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

4月 新入生オリエンテーション
5月 体育祭
9月 研修旅行(2年)、球技大会
10月 翔麗祭(文化祭)、課題研究発表会
3月 卒業生を送る会、球技大会

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★学校説明会 9・12月各1回(12月は在県外国人生徒対象も別に実施)
★体験学習 9月1回(要予約)
★学校へ行こう週間 11月
★翔麗祭 10月 限定公開(中学生は制服着用・生徒手帳持参)
★学校見学は随時可(要事前連絡)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

ブックトーク等による読書活動の推進を行っており、平成25年度には子どもの読書活動優秀実践校として、文部科学大臣表彰を受賞した。

多文化共生による国際交流・国際理解を重視している。 また、三者面談における通訳手配や日本語のレベルに合わせた少人数編制の個別対応授業、日本語能力検定対策など、様々な形で外国人生徒(例年、80名ほどが在籍)への支援を行っている。

「神奈川県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の県立鶴見総合高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

県立鶴見総合高等学校公式サイトはこちら