関東学院六浦高等学校の学校情報

六浦から世界へ 10年後、20年後を見据え世界規模の視野と英語力を養う

学校所在地
神奈川県横浜市金沢区六浦東1-50-1
最寄り駅
京浜急行線金沢八景駅・追浜駅  各徒歩約15分
電話番号
045-781-2525
生徒数
498名
特色
-併設校あり -施設が充実 -クラブが活発 -国際人を養成
関連カテゴリ
横浜市金沢区 / 京浜急行線 / ★★(偏差値50程度まで) / 高校名「か」行 / 共学 / 私立 / 普通科

環境 - 学校周辺の環境や校内外の施設

大学に隣接した静かなキャンパス

毎朝礼拝が行われる礼拝堂、4つの理科実験室、技術家庭実習室、人工芝のグラウンドなど施設が充実している。普通教室には電子黒板型プロジェクター、校内はwi-fi環境が整っていて、充実したICT環境の中で学ぶことができる。また、隣接する関東学院大学の施設も利用でき、生徒達は充実した環境の中で学校生活を送ることができる。

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

一人ひとりの進路実現に向けた独自のプログラム

校訓「人になれ 奉仕せよ」を実践するための力を、6年間でしっかりと身につけていく。 各教科の基礎学力はもちろんのこと、主体的に学ぶ力、物事を探究する力など、進路実現に向けた力をつけていく。

魅力のひとつが、外国人教員7名による実践的な英語教育。4年前からCLIL(内容と言語の統合型学習)という学習法を取り入れ、 社会科学や自然科学のテーマを扱いながらそれらを英語で学ぶ。中1は、週6時間の英語の授業のうち5時間を外国人教員と日本人教員のティームティーチングで学び、「生きた英語」に触れる機会が日常的にある。

また、オリジナル授業「地球市民講座」では、地球規模の課題である「持続可能な社会」の実現に向けて、多文化理解と多文化共生について考える。調べ学習やプレゼンテーションなど、グループや個人での探究活動が中心。

さらに、大学が隣接しているメリットを生かし、大学との連携も行う。中学生対象の大学理科実験講座では、大学の先生から直接指導を受け、研究室などにも訪問する。また、大学への留学生との交流も行い、英語の授業へのサポートや生徒達との交流会も実施。

土曜や長期休暇には指名制の補習や補講を実施し、学習面でのサポート体制も整っている。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

一人ひとりの進路実現を目指す

「生徒一人ひとりが自分のやりたいことを見つけ、より高いレベルを目指し、その実現のためにサポートしていく」ことが進路指導の基本姿勢。6年間の様々な体験を 通して、自分の可能性を探る。

併設の関東学院大学へは卒業生の約20%が進学。近年、海外の大学を目指す生徒も増えており、オーストラリアや台湾などの大学へ進学している。ハワイのコミュニティカレッジとも提携を結び、卒業後に関東学院大学の3年次に編入学する制度もある。

私立中学・高校受験ガイド「THE私立」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の関東学院六浦高等学校情報

入試情報(2019年度)

試験日 1/22
試験科目 面接(推薦)、書類選考(一般・帰国生)
募集人員 推薦:5、一般:25
受験者数
合格者数
競争率

※ラグビー入試を含む

アクセスマップ

公式サイト

関東学院六浦高等学校公式サイトはこちら