横浜市立横浜総合高等学校の学校情報

県内初の午前・午後・夜間の三部制をとる総合学科高校

学校所在地
神奈川県横浜市南区大岡2−29−1
最寄り駅
横浜市営地下鉄弘明寺駅 徒歩3分、京浜急行線弘明寺駅 徒歩10分
電話番号
045−744−1900
特色
-駅から近い
関連カテゴリ
横浜市南区 / 横浜市営地下鉄 / 京浜急行線 / ★★(偏差値50程度まで) / 高校名「や」行 / 共学 / 定時制 / 総合学科 / 市立

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

二学期制

定時制課程のため、1日4時限学習し、4年間をかけて卒業に必要な単位を修得するのが基本だが、「プラスの授業」として他の部の時間帯の授業を選択することにより、3年間で卒業することが可能である。

2年次以降は、ビジネス・エンジニア・生活文化の3系列に分類される総合選択科目群や自由に選択できる科目群から、進路の希望や興味・関心に合わせて選択が可能である。

★ビジネス系列
経済、法律、会計のしくみや情報処理の技術などを学ぶ。 主な科目は「経済活動と法」「簿記」など。 簿記やワープロなどの資格取得にも挑戦可能。

★生活文化系列
衣食住について体験しながら学ぶ。 主な科目はファッション」「フードデザイン」「カラーデザイン」など。

★エンジニア系列
機械や自動車、電気や住居などについて体験的に学ぶ。 主な科目は工業技術基礎」「ものづくりA・B・C」など。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

1年次より適性検査、進路説明会、各種講座(作文や面接マナー)を実施し、進路選択指導のほか個別相談にも対応。

検定・資格取得に対応した講座の開講やインターンシッププログラム(起業・役所・被災地等)を実施している。 この他にもあらゆる機会を通じてキャリア教育を行っている。

★卒業生の進路状況(平成30年3月)
<卒業生257名>
大学28名、短大1名、専門学校65名、就職92名、その他71名

★卒業生の主な進学先
桜美林大、神奈川大、神奈川県立保健福祉大、関東学院大、湘南工科大、専修大、鶴見大、東京福祉大、横浜商科大、和光大

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

最近の主な実績は以下のとおり。

<平成30年度>
全国高校定時制・通信制大会においてサッカー部がベスト8。バドミントン部は団体3位。ボクシング部は、関東高等学校女子ボクシング大会で個人優勝した。
<平成29年度>
全国高校定時制・通信制大会において、サッカー部が全国準優勝、バドミントン部が男子団体優勝、ソフトテニス部が個人5位の成績を収めた。

★設置部(※は同好会)
吹奏楽、バスケットボール、バレーボール、卓球、ソフトテニス、バドミントン、ボクシング、軟式野球、陸上競技、剣道、サッカー、国際交流、ボランティア、うた、書道、アコースティックミュージック、美術、釣り研究、模型、軽音楽、※演劇、※アニメ・ゲーム、※ソフトダーツ、※漫画・イラスト研究、※ビジネス資格研究

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

「より具体的な進路イメージ」や「未知の分野との出会い」を生徒に提供するため、大規模な職業体験・職業ガイダンスである横総未来博を開催。 例年、70以上の一般企業・大学・専門学校の協力を得て実施している。

新入生歓迎行事、スポーツ祭、横総祭(文化祭)、国際理解教室、卒業生を送る会の他、生徒会主催行事として、遠足、バス遠足を実施。

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★公開授業 6月1回
★学校説明会 8・11月各1回
★中学生進路相談 12月2回、1月1回

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

県内初の午前・午後・夜間の三部制をとる総合学科高校として、平成14年に開校した。自分のライフスタイルにあわせた学び方ができる。

毎週水曜日に1階のフリースペースでカフェ型式の交流・相談の場として「ようこそカフェ」を開催している。

ボランティアや地域清掃、高齢者との交流といった社会貢献や、弘明寺商店街や南区におけるイベントへの参加など、地域との連携に力を入れている。

「神奈川県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の横浜市立横浜総合高等学校情報