県立二俣川看護福祉高等学校の学校情報

高大・高専連携により、在学中に大学や専門学校の授業を受けられる

学校所在地
神奈川県横浜市旭区中尾1−5−1
最寄り駅
相模鉄道二俣川駅 バス下車1分または徒歩15分
電話番号
045−391−6165
関連カテゴリ
横浜市旭区 / 相鉄本線 / 高校名「は」行 / 共学 / 県立 / その他学科

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

二学期制

主に看護・医療・社会福祉系の上級学校への進学に特化したカリキュラム編成であるが、受験に役立つ知識のみでなく、看護の心・福祉の心・奉仕の心も育む。

生徒が主体的に問題を発見し看護・福祉の重要性を見出していくアクティブ・ラーニングに力を入れている。

基礎学力の定着を図るため、1年次の国・数・英、2年次の国語は20名以下の少人数で学習。

★看護科
看護・医療系への進学を目的とした学科である。
看護の理念や意義、基礎・基本を学習し、校内・病院などで実習を行う。
校内の実習に加えて病院などでの実習も行う。

★福祉科
社会福祉・介護・医療・看護・保育系への進学を目的とした学科である。
社会福祉の理念や意義、基礎的、基本的な知識と技術を総合的、体験的に学習する。
校内での実習に加えて福祉施設での実習も行う。
介護職員初任者研修修了の資格が取得できる。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

看護や福祉、医療系や保育の上級学校を目指す生徒が多く、生徒一人ひとりのニーズに合わせたきめ細かな進路指導を行っている。

基礎学力の定着のための週末課題や自学自習のためのネットワーク教材による補習、また、通常の補習の充実に力を入れている。

★卒業生の進路状況](平成30年3月)
<卒業生74名(看護科)>
大学18名、短大7名、専門学校48名、就職0名、その他1名
<卒業生72名(福祉科)>
大学26名、短大6名、専門学校32名、就職6名、その他2名

★卒業生の主な進学先
<看護科>
神奈川県立保健福祉大、神奈川県立平塚看護大学校、昭和大、川崎市立看護短大、東海大医療技術短大
<福祉科>
桜美林大、大妻女子大、鎌倉女子大、田園調布学園大、日本福祉大

♣指定校推薦枠のある大学・短大など♣
神奈川県立保健福祉大、桜美林大、大妻女子大、神奈川工科大、鎌倉女子大、田園調布学園大、東京福祉大、川崎市立看護短大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

約65%が参加。

★設置部
ソフトテニス、バスケットボール、ハイキング、卓球、バレーボール、ダンス、陸上競技、バドミントン、チアダンス、軽音楽、写真、文芸、書道、華道、家庭科、吹奏楽、コーラス、J.R.C、箏曲、茶道、手話

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

新入生歓迎会(4月)、社会見学(5月)、文化祭(9月)、修学旅行(10月)、合唱コンクール(3月)などを実施。

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★学校説明会 7・9月各1回、10月3回、12月1回(10月は看護福祉体験教室)
★文化祭 9月 見学可
★学校見学は随時可(要連絡)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

進学型専門高校。

高大・高専連携により、在学中に大学や専門学校の授業を受けられる。

看護と社会福祉を学ぶための6つの実習室がある。 病院や介護施設と同じような構造になっており、充実した実習を行うことができる。

看護系・福祉系の上級学校の指定校が多く、興味・関心のある生徒には進路に直結した有利な高校である。

風紀委員会の万引き防止等の啓発活動、図書委員会の読み聞かせ、吹奏楽部等の病院施設での演奏活動など、ボランティア活動が活発である。

「神奈川県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の県立二俣川看護福祉高等学校情報