県立大師高等学校の学校情報

学校所在地
神奈川県川崎市川崎区四谷下町25−1
最寄り駅
JR京浜東北線・東海道線・南武線川崎駅、京浜急行線京急川崎駅 バス
電話番号
044−276−1201
関連カテゴリ
川崎市川崎区 / 京浜東北線・根岸線 / 東海道本線 / 南武線 / 京浜急行線 / ★★(偏差値50程度まで) / 高校名「た」行 / 共学 / 県立 / 普通科

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

二学期制

平成29年度より単位制総合学科」から「単位制普通科となった。

1年次は全員が共通の教科・科目を学び、基礎・基本を確実に身につける。

2年次から文科系大学進学希望者(Ⅰ類型)、理科系大学進学希望者(Ⅱ類型)、専門学校希望者・就職希望者(Ⅲ類型)に分かれ、週2時間の選択科目を学習する。英語表現Ⅰ、数学B、選択A(政治・経済、社会と介護、子どもの発達と保育など)の中から自分に必要な科目を選ぶ。

3年次には、各類型ごとの選択科目に加えて選択B科目(2単位)や自由選択科目(4単位)が用意され、それぞれ必要な科目を学習できるように配慮されている。

卒業時の進路について生徒自ら主体的に判断・準備し、将来社会の中で生きていく力を身につけることができるよう、コミュニケーション能力の養成と教育活動を通じたキャリア形成に努めている。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

進路活動室を設置し、進路関連の各種情報誌の自由な閲覧や、インターネットによる検索などがいつでもできるようにしてある。 また、隣接の相談室で個別相談を担当者とすることもできる。

★卒業生の進路状況](平成30年3月)
<卒業生191名>
大学30名、短大5名、専門学校64名、就職57名、その他35名

★卒業生の主な進学先
桜美林大、神奈川大、関東学院大、専修大、拓殖大、玉川大、鶴見大、帝京平成大、桐蔭横浜大、文教大、日本福祉大、明星大、横浜商科大、横浜美術大、横浜薬科大、和光大

 

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

「たんぽぽ」は福祉系のクラブ。

最近の主な実績は以下のとおり。
<平成30年度>
ボウリング部がJOCジュニアオリンピックカップ全日本ボウリング選手権大会で女子個人戦第4位となった。
<平成29年度>
ボウリング部がJOCジュニアオリンピックカップ全日本ボウリング選手権大会で女子第4位、高校総体で女子総合優勝・女子個人優勝・女子団体第2位・男子団体第3位となった。 野球部は夏の神奈川大会でベスト16に進出した。また、放送部がNHK杯全国高校放送コンテスト全国大会で理事長賞(朗読部門)を受賞した。

★設置部
バレーボール、陸上、バスケットボール、サッカー、野球、卓球、バドミントン、テニス、ハンドボール、ボウリング、ダンス、剣道、美術、演劇、吹奏楽、茶道、放送、漫画研究、軽音楽、たんぽぽ、新聞、文芸、園芸、合唱、※写真

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

4月 新入生ふれあいキャンプ
6月 体育祭
9月 修学旅行(2年)
11月 翔心祭(文化祭)
1月 課題研究全体発表会

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★学校説明会 7・8・10・12・1月各1回
★在県外国人等特別募集についての説明会 12月1回
★学校へ行こう週間 10月
★翔心祭 11月 見学可

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

頭髪指導や遅刻指導などを通して、生徒が社会性を身につけ、同時に安心した学校生活を送ることができるよう、生活指導に力を入れている。

単位制だが、一般的な普通科の学年制とほぼ同様の形態で、クラス単位を基本に授業を行っている。

英語・数学・国語を重視し、基礎学力をしっかりと身につけられるようなカリキュラムとなっている。

授業や部活動で使用するための工芸室や陶芸室、トレーニングルームを設置。ほかにも情報ビジネス系列の授業で使用する情報教室や社会福祉系列の授業で使用する生活福祉実習室などの設備がある。

これまでの総合学科の教育活動で築いてきた、地域との連携を可能な限り継続する。

「神奈川県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の県立大師高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

県立大師高等学校公式サイトはこちら