県立新栄高等学校の学校情報

磨こう自分 作ろう新栄 恵まれた環境のなかで充実した学校生活を送ろう!

学校所在地
神奈川県横浜市都筑区新栄町1−1
最寄り駅
横浜市営地下鉄仲町台駅 徒歩10分
電話番号
045−593−0307
関連カテゴリ
横浜市都筑区 / 横浜市営地下鉄 / ★★(偏差値50程度まで) / 高校名「さ」行 / 共学 / 県立 / 普通科

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

三学期制

生徒の主体的な学習意欲を引き出すため、1年次にはクラスを10クラスで展開し、きめの細かい指導を行っている。 また、情報の科学ではTT(チームティーチング)も実施。

2、3年次では各生徒の進路や適性に沿うように、多数の選択科目が設けられている。 2年次では必修選択を2時間、また、3年次では必修選択を8時間、自由選択を0〜6時間履修できる。

3年次の自由選択科目には、文章表現、発展生物、発展化学、発展物理、音楽表現、造形芸術、生活の書、応用英語といった特色ある学校設定科目も用意されている。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

生徒一人ひとりが早い時期から進路へ向けての意識を高めることができるよう、1・2年次で、企業の人事担当者などの外部講師を招いたり、各分野へ進んだ卒業生が在校生へアドバイスしたりする機会を設けている。

3年次では、職員による進路説明会が数回行われ、その他希望する生徒に対する面接練習など、きめの細かい進路指導をしている。

★卒業生の進路状況(平成30年3月)
<卒業生341名>
大学148名、短大14名、専門学校106名、就職33名、その他40名

★卒業生の主な進学先
桜美林大、神奈川大、神奈川工科大、関東学院大、國學院大、国士舘大、駒澤大、産業能率大、成蹊大、成城大、専修大、玉川大、帝京大、東海大、東京都市大、東洋大、日本大、日本体育大、明星大、立正大、早稲田大

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

運動部では、陸上競技部と弓道部の活躍がめざましく、関東大会・インターハイなどに出場している。 その他、バレーボール部、バドミントン部、バスケットボール部、テニス部、サッカー部、野球部、卓球部、水泳部なども各種大会で健闘。

イラスト部、美術部がマンガ甲子園に出場するなど、文化部の活動も活発になってきた。

最近の主な実績は以下のとおり。
<平成30年度>
弓道部(女子個人)が県大会で4位に入賞し、関東大会へ出場。卓球部(団体)が総体予選でベスト16、女子バスケットボール部が総体予選で県ベスト24などの成績を収めた。
<平成29年度>
陸上競技部が関東選手権で女子5000m7位、女子バスケットボール部が総体予選で県ベスト24の成績を収めた。
<平成28年度>
弓道部がインターハイ出場(男子個人)、陸上競技部が関東新人大会出場(男子三段跳)・関東高校駅伝出場(男子)という成績を収めた。

★設置部(※は同好会)
陸上競技、野球、バレーボール、バスケットボール、サッカー、バドミントン、テニス、剣道、卓球、弓道、水泳、ダンス、ハンドボール、吹奏楽、パソコン、ESS、写真、茶道、放送、バンド、イラスト、美術、文芸、天文学、※演劇

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

4月 遠足
6月 体育祭
7月 球技大会
9月 翌檜祭(文化祭)
10月 修学旅行(2年・東北・北海道方面)
3月 球技大会

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★学校へ行こう週間 11月
★体験入学 8月2回
★学校説明会 11・12月各1回
★翌檜祭 9月 見学可
★学校見学は夏季休業中の平日および二学期の水・金曜日のうち指定日(要予約)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

昭和58年開校。

平成25年度に創立30周年を迎えるにあたり、 「磨こう自分 作ろう新栄 恵まれた環境のなかで 充実した学校生活を送ろう!」 というスローガンのもと、「新栄高等学校の目指す教育」を新たに定めた。

「神奈川県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の県立新栄高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

県立新栄高等学校公式サイトはこちら