県立相模田名高等学校の学校情報

1、2年次は7クラス定員を8クラ ス展開し、35名前後の小集団で授業を行う

学校所在地
神奈川県相模原市中央区田名6786−1
最寄り駅
JR横浜線相模原駅・淵野辺駅 バス、JR相模線番田駅・上溝駅 自転車
電話番号
042−761−3339
関連カテゴリ
相模原市中央区 / 横浜線 / 相模線 / ★★(偏差値50程度まで) / 高校名「さ」行 / 共学 / 県立 / 普通科

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

三学期制

55分授業を実施。

2年次より科目選択制を導入し、文系・理系に分かれて学習する

1、2年次は7クラス定員を8クラス展開し、35名前後の小集団で授業を行うので、きめ細かい指導を受けることができる。

インターネットなどを活用した情報教育に力を入れている他、1、2年次の数学Ⅰ、数学A、コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱでは3段階に分けた習熟度別授業を行っている。

「わかる・できるが実感できる授業」を目指し、全職員が生徒の個性に応じた指導をしている。

神奈川工科大、神奈川大、桜美林大との高大連携を実施。 大学の授業を受講して必要な条件を満たせば高校の単位として認定されるほか、神奈川工科大のサマースクールへの参加や神奈川大のキャリア教育講座を受講することなども可能となっている。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

1年次には専門学校講師による「職業体験型進路説明会を実施。
2年次以降は進路適性検査などを実施。

神奈川大、神奈川工科大、桜美林大と高大連携を実施。 これらの大学の授業を受けて、条件を満たせば、高校の単位として認定される。

★卒業生の進路状況(平成30年3月)
<卒業生265名>
大学73名、短大16名、専門学校105名、就職53名、その他18名

★卒業生の主な合格実績
桜美林大、神奈川大、神奈川工科大、関東学院大、国士舘大、駒澤大、相模女子大、湘南工科大、多摩大、鶴見大、帝京大、田園調布学園大、東海大、東京工科大、東京工芸大、文教大、明星大、横浜商科大、和光大

♣指定校推薦枠のある大学・短大など♣
桜美林大、神奈川工科大、杏林大、国士舘大、実践女子大、帝京大、東海大、東京医療保健大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

約66%が参加。

弓道部は過去に全国大会(平成27年度インターハイなど)や関東大会に出場した実績がある。 他の部活動も日々鍛錬をし、その成果を見せている。

最近の主な実績は以下のとおり。
<平成30年度>
弓道部が関東大会や全国高校選抜遠的弓道大会に出場、バスケットボール部(女子)が県ベスト16などの成績を収めた。
<平成29年度>
弓道部が国体予選で県9位(女子個人)・県10位(男子個人)、新人戦で県7位(男子個人)などの成績を収めた。

★設置部(※は同好会)
陸上競技、野球、サッカー、ハンドボール、テニス、バレーボール、バスケットボール、バドミントン、剣道、柔道、弓道、ダンス、卓球、茶道、演劇、コンピュータ、芸術、軽音楽、吹奏楽、※料理、※囲碁

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

武道大会は武道教育にも熱心な本校ならではのもの。
1・2年生が柔道、剣道、弓道のうちどれか一つを選択履修し、最後にここで技を競いあう。

4月 新入生歓迎会、遠足
7月 球技大会
9月 相名祭(体育祭・文化祭)
10月 修学旅行(2年)
11月 ロードレース大会、キウイ収穫祭
12月 球技大会
3月 武道大会、球技大会

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★学校説明会 8・11・12月各1回
★部活動体験 8月1回
★学校へ行こう週間 10月
★相名祭 9月 見学可
★学校見学は学校行事日を除き随時可(要連絡)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

平成18年度から3年間、文部科学省の「学力向上拠点形成事業」指定校だった。 21年度からの3年間は「学力向上実践研究推進事業」指定校であった。

頭髪や服装、授業中の携帯電話使用など、生活面・学習面に関して家庭とも協力した指導を行っている。 また、「早寝・早起き・朝ごはんをスローガンとした食育にも取り組んでいる。

突撃取材!学校の先生に聞きました!!

入試に向けてこんな準備をしてほしい

中学校の1年生から基本を見なおしてください。

学校説明会のおすすめポイント

生徒が中心になって運営される説明会です。

田名高生の主体的な行事運営や本校生徒の生の声を聞くことができます。
又、高校生活全般や、授業、行事の様子を撮影した自主制作の動画は学校の雰囲気を実感できると好評です。

学校のここに注目してほしい

  • 英語、数学の習熟度別授業をはじめ、生徒目線からの「わかる授業」の実践。
  • 実践的なキャリア教育の一環としての生徒指導。
    「マナー日本一」を目指し、卒業時に社会人として即戦力となるための生徒指導が、生徒一人ひとりの進路実現の基礎を作るので、3年次の進路指導に役立っています。

「神奈川県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の県立相模田名高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

県立相模田名高等学校公式サイトはこちら