県立秦野総合高等学校の学校情報

平成29年度より、新しい教育課程を実施

学校所在地
神奈川県秦野市南が丘1−4−1
最寄り駅
小田急線秦野駅 バスまたは徒歩25分、JR東海道本線二宮駅 バス
電話番号
0463−82−1400
関連カテゴリ
秦野市 / 東海道本線 / 小田急小田原線 / ★★(偏差値50程度まで) / 高校名「は」行 / 共学 / 定時制 / 県立 / 総合学科

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

二学期制

平成29年度より、新しい教育課程を実施。

小集団学習により、各自の能力に応じた学力の伸長を図る授業を行う。

必履修科目と選択科目を合わせ、81単位以上修得することで卒業を認定。

選択科目は、より発展的な学習を行う自由選択科目と、より専門的な学習を行う総合選択科目とから成る。

自由選択科目には、小論文研究、数学Ⅲ、世界史研究、生物研究、英語表現Ⅰ等の科目がある。

総合選択科目は、グローバル教養系列(天文学基礎、20世紀の世界と日本等)、情報ビジネス系列(情報メディア、ロボット研究等)、生活デザイン系列(フードデザイン、家庭看護法等)、芸術スポーツ系列(スポーツリーダー、トレーニング実習等)の4系列に分類される。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

進路ガイダンスや適性検査、進路別校外学習などを行い、進路計画をサポート。 さらに、進路別習熟度授業、補習、講習などで学習面のサポートを行う。

秦野総合大学進学支援プロジェクトを実施。 大学進学希望者のための支援特別講座を行っている。

★卒業生の主な進学先(平成30年3月)
桜美林大、神奈川大、神奈川工科大、関東学院大、国士舘大、相模女子大、産業能率大、湘南工科大、玉川大、帝京大、帝京平成大、田園調布学園、東京家政学院大、東京福祉大、東京未来大、桐蔭横浜大、東海大、日本大、日本体育大、日本文化大、目白大、横浜商科大、横浜美術大、和光大

♣指定校推薦枠のある大学・短大など♣
神奈川大、神奈川工科大、関東学院大、国士舘大、相模女子大、玉川大東海大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

約8割が参加。 トレーニング施設、専門の指導者など、支援体制が充実している。

最近の主な実績は以下のとおり。
<平成28年度>
ワンダーフォーゲル部が全国選抜クライミング大会に出場し、女子バレーボール部が関東大会に出場した。
<平成27年度>
ワンダーフォーゲル部がインターハイに出場した。 女子バレーボール部は関東大会に出場した。 また、男子バレーボール部、女子バスケットボール部、サッカー部がそれぞれ県大会でベスト16以上に進出した。 文化部では、天文部と筝曲部が全国高校総合文化祭に出場した。

★設置部(※は同好会)
バレーボール、バスケットボール、バドミントン、水泳、卓球、柔道、剣道、空手道、弓道、陸上競技、サッカー、ソフトテニス、硬式野球、ワンダーフォーゲル、吹奏楽、合唱、軽音楽、茶道、華道、写真メディア、天文、ボランティア研究、美術、クッキング、囲碁将棋、イラスト、箏曲、科学技術研究、※文芸、※ダンス

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

4月 宿泊研修(1年)、遠足(2・3年)
6月 陸上競技大会
9月 清峰祭(文化祭)、芸術鑑賞会
1月 研修旅行(2年)
3月 スポーツ大会

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★学校説明会 7・11・12・1月各1回
★清峰祭 9月 見学可

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

全生徒がボランティアバンクに登録するなど、ボランティア活動が活発。 防犯ランニングや介護施設訪問等を行い、その実績は年間4000回以上。 活動は単位にも認定される。

ホームルーム教室にはエアコンが完備されている。

秦野まほろば天文台は神奈川県の県立高校で唯一の大型天体望遠鏡を備える。

平成29年9月に神奈川工科大学と教育交流に関する協定を締結。 31年度より同大学による校外講座を新設する予定。

「神奈川県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の県立秦野総合高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

県立秦野総合高等学校公式サイトはこちら