県立茅ケ崎北陵高等学校の学校情報

「学力向上進学重点校エントリー校」として進学に重点を置いている

学校所在地
神奈川県茅ヶ崎市下寺尾128
最寄り駅
JR相模線香川駅 徒歩10分、JR相模線寒川駅 徒歩15分
電話番号
0467−51−0312
関連カテゴリ
茅ヶ崎市 / 相模線 / ★★★★(偏差値60から70程度まで) / 高校名「た」行 / 共学 / 県立 / 普通科

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

二学期制

50分授業を1日6時間実施。 授業時間数はもちろん、部活動や行事などの教科外活動の時間も十分確保されている。

各生徒の大学進学希望に対応できるよう、2年次までは基礎学力の充実を目指し、理科では「化学基礎」「物理基礎」「生物基礎」を、社会科では「世界史A」「日本史A」「現代社会を全員が学ぶなど、次代を担うリーダーとなる人づくりに重きを置いたカリキュラムとなっている。 3年次には、文系・理系に分かれた上、多様な自由選択科目より各々が選択する。教科によっては習熟度別・少人数制授業を展開。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

1・2年生全員がGTECを受検。平成31年度には1年生対象の英語特別授業も予定している。

進路ガイダンスや面談週間、大学見学などがあり、きめ細かな指導・相談を実施。

長期休業中には数多くの講習・補習を受けることができる。

★卒業生の進路状況(平成30年3月)
<卒業生276名>
大学221名、短大0名、専門学校7名、就職0名、その他48名

★卒業生の主な進学先
電気通信大、横浜国立大、神奈川県立保健福祉大、首都大学東京、横浜市立大、前橋工科大、広島市立大、早稲田大、慶應義塾大、青山学院大、学習院大、國學院大、上智大、成蹊大、成城大、中央大、東京理科大、法政大、東海大、明治大、明治学院大、立教大

♣指定校推薦枠のある大学・短大など♣
横浜市立大、早稲田大、慶應義塾大、青山学院大、学習院大、國學院大、上智大、成城大、中央大、東海大、東京理科大、法政大、明治大、明治学院大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

約9割が参加。

最近の主な実績は以下のとおり。
<平成30年度>
陸上競技部(女子4×400mリレー)とソフトテニス部(男子個人)が関東大会に出場した。
<平成29年度>
ボクシング部(ライトフライ級)が関東大会準優勝・インターハイ出場、テニス部が関東ジュニア選手権大会出場、陸上競技部(女子400mH、女子4×400mリレー)が関東大会出場、吹奏楽部が県吹奏楽コンクールA部門銅賞などの成績を収めた。

★設置部(※は同好会)
野球、ソフトテニス(男女)、水泳(男女)、剣道(男女)、卓球(男女)、バレーボール(女)、バスケットボール(男女)、サッカー、ハンドボール(男女)、陸上競技(男女)、ダンス(男女)、バドミントン(男女)、テニス(男女)、ワンダーフォーゲル(男女)、写真、天文、吹奏楽、美術、物理、軽音楽、コーラス、JRC、茶道、演劇、華道、漫画研究、棋道

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

合唱コンクールはプロの審査員を招いて茅ヶ崎市民文化会館で行う。
体育祭では縦割りクラスで色をつくり、マスゲームや応援合戦などを行う。

4月 新入生歓迎会
5月 遠足
6月 体育祭
9月 文化祭、鶴嶺交流戦・宴
11月 修学旅行(2年)、球技大会
2月 マラソン大会
3月 合唱コンクール

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★学校説明会 10・12月各1回(10月はオープンスクールも実施)
★学校へ行こう週間 10月
★学校見学は10月〜12月の水曜日16:00〜16:40に実施(要連絡)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

学力向上進学重点校エントリー校として進学に重点を置いている。

校舎は老朽化による耐震の問題で建て替えられることになり、平成18年度から本校より歩いて3分ほどのところにある冷暖房完備の臨時新校舎で授業が行われている。 ただし、体育の授業や部活動については、旧校地内のグラウンドや体育館をそれまで通り使いつづけている。

平成25年度、50周年を迎えた。

「神奈川県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の県立茅ケ崎北陵高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

県立茅ケ崎北陵高等学校公式サイトはこちら